ハウスメーカーに就職したい!仕事内容やおすすめの人気5企業と評判

もくじ

ハウスメーカーへの就職事情を徹底調査!

人生の中で大きな買い物の一つに挙げられるのが、家ではないでしょうか。

そんな夢のマイホームの購入をお手伝いするハウスメーカーへの就職を希望される方も多いです。

今回は、そんなハウスメーカーへの就職事情を詳しく解説していきます。

『ハウスメーカーってどんな仕事ができるの?』『ハウスメーカーでお勧めの人気企業はどこ?』

このような疑問をお持ちの方は、ぜひ最後まで読んでください。

ハウスメーカーとは?

まず最初に、ハウスメーカーがどのような企業なのか簡単に説明しておきます。

ハウスメーカーは、一言でいうと『いちから家を作り、それを販売する企業』です。

『●●ハウス』『●●ホーム』と名のついた企業や、『●●工務店』といった企業の多くがハウスメーカーにあたります。

ハウスメーカーのおすすめ就職ランキング【人気・評判】

それではさっそく、ハウスメーカーの中で人気の高い企業をランキングで見ていきましょう。

1.積水ハウス


数あるハウスメーカーの中で、高い人気を誇るのが積水ハウスです。

住まいに関する事業に特化し、日本の住宅産業のリーディングカンパニーと言っても過言ではありません。

積水ハウスの魅力や特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

・累積建築戸数が235万戸以上と世界No.1の実績
・平均年収が750万円〜800万円と高額
・多様な視点を住宅ビジネスに取り入れ、事業領域を拡大している

2.住友林業

木造戸建注文住宅の分野で高い人気を集めるのが住友林業です。

住友林業の魅力や特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

・日本の木造戸建注文住宅の分野を牽引
・ハウスメーカー以外に、山林の経営や木材建材商社としてのビジネスも展開
・アメリカや新興国などの海外市場へも積極的に参入

3.大和ハウス工業

住宅に限らず、様々な建築物を手がけるのが大和ハウス工業です。

大和ハウス工業の魅力や特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

・人々の暮らしをより豊かにするモノづくりにこだわっている
・働く社員を大切にする
・グローバル市場にも積極的に挑戦している

4.一条工務店

とことん性能にこだわる家作りを追求しているのが一条工務店です。

一条工務店の魅力や特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

・気密性や断熱性の高い省エネ住宅を追求
・性能の高い家作りが評価され、様々な賞を受賞
・若手人材でもどんどん発言できるフラットな社風

5.三井ホーム

ハウスメーカーの中でも規格にとらわれないデザイン性を打ち出しているのが三井ホームです。

三井ホームの魅力や特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

・永く住み継がれるデザインにこだわっている
・お客様の夢を形にするフルオーダーメイド
・ジョブローテーション制を採用し、社員の適性や得意分野を活かす

ハウスメーカーに就職するとどんな仕事ができる?

ハウスメーカーの人気企業ランキングをご紹介しましたが、そもそもハウスメーカーではどんな仕事ができるのでしょうか?

1.設計


まず最初にご紹介するのが、設計の仕事です。

設計の仕事は、お客様の希望をヒアリングし、その要望や条件に合わせて完成予想図を
作成していきます。

ただし、設計者の仕事は机に座って設計だけをすれば良いというわけではありません。

作成した設計図をお客様にプレゼンしたり、納得のいく完成予想図を作るために改善ポイントなどをヒアリングし、予算内に収まるよう交渉したりもしなければいけません。

技術力だけでなく、コミュニケーション能力も求められる仕事だと言えるでしょう。

2.施工管理

続いてご紹介するのは、施工管理の仕事です。

施工管理は、設計者が作った設計図をもとに現場の工事を管理する仕事です。

大工さん達と作業や段取りのコミュニケーションをとり、管理していきます。

スポンサードリンク

また、お客様が喜ぶような提案をしたりと、営業的な要素も入るのが特徴です。

3.営業

ハウスメーカーといえば、営業職をイメージされる方も多いでしょう。

営業は、住宅を購入したいと考えているお客様の要望を聞き、それに合わせた提案をするのが仕事です。

また、設計や施工管理職の方、後述する事務職の方など、様々な方と連携して計画を進める必要があり、交渉力や計画を推進していく力が求められます。

関連記事⇒ハウスメーカーの営業マンは変更できる?営業マンと付き合うコツ

4.事務

最後にご紹介するのが、事務職です。

ハウスメーカーに勤める方々を、社内でバックアップするのが事務職の仕事です。

主にデータ入力業務や資料作成、電話対応などが事務職の仕事になります。

計画をスムーズに進める上で、事務職のサポートは欠かせないと言えるでしょう。

ハウスメーカーに就職したらどんなやりがいがある?

ハウスメーカーの主な仕事をご紹介しましたが、実際に働いている方々はどんなやりがいを感じているのでしょうか?

1.人生の大きな分岐点に関われる


家を買うというのは、多くの方にとって人生のビッグイベントになります。

その大きな分岐点に関われるというのは、なかなか経験できることではありません。

それだけ責任も大きくなりますが、仕事をやり遂げた時の達成感ややりがいも大きいです。

2.お客様からの信頼

ほとんどの方にとって、家の購入は一生に一度あるかないかのビッグイベントです。

そんな重大なイベントを、信頼できない営業マンや設計者には任せられないでしょう。

ハウスメーカーで仕事を受けるということは、数あるメーカーの中から最も信頼を勝ち取った証とも言えます。

お客様の信頼や期待に応えることも、仕事の大きなやりがいにつながるでしょう。

3.設計した家が形になる

ハウスメーカーに技術職として就職した方のやりがいは、なんと言っても自分の設計した家が形になることでしょう。

何度もお客様との打ち合わせを繰り返し、練り上げて作成した設計図が形になるのは大変な喜びだと言えます。

完成した家を見て喜ぶお客様の顔を見れば、苦労も一瞬で吹き飛ぶでしょう。

4.仕事を通した成長も大きい

ハウスメーカーの仕事には大きな責任が伴うため、決して楽な仕事とは言えません。

多くの方と関わりながら仕事が進んでいくので、たまに衝突したり、物事がうまく進まないこともあるでしょう。

しかし、仕事をやり遂げることで、精神面での成長や、物事を効率的に推し進めていく力など、得られるものも大きいです。

ビジネスパーソンとして成長しやすいことも、大きなやりがいにつながっていくでしょう。

ハウスメーカーに就職したら年収はどれくらい?

『給料が良さそうだから』という理由で、ハウスメーカーへの就職を検討する方も多いでしょう。

結論からお伝えすると、ハウスメーカー全体の平均年収は約600万円〜650万円になります。

国税庁の民間給与実態統計調査によれば、男性サラリーマンの平均年収が520万円なので、ハウスメーカーの年収はやや高めだと言えるでしょう。

ただし、言うまでもなくハウスメーカー企業によって年収はバラバラで、高いところだと700万円〜800万円、低いところだと400万円程度になりそうです。

また、営業職よりも技術職の方がやや年収が高くなる傾向があります。

ハウスメーカーへ就職しやすい人の特徴

『ハウスメーカーに就職したいけど、なかなか面接に通らない・・・』と悩む方も少なくありません。

そこでこちらでは、ハウスメーカーに就職しやすい人の特徴についてご紹介していきます。

目上の人に好かれやすい


ハウスメーカーに就職しやすい人の特徴を一言でいうと、それは目上の人に好かれやすいということです。

ハウスメーカーでの仕事は多くの方々と協力し合いながら進める必要があります。

中には、目上の方に仕事をお願いしなければいけないケースも少なくありません。

目上の方に好かれやすいということは、それだけハウスメーカーでの仕事もやりやすくなるということです。

ハウスメーカーでの採用面接に臨む際には、幅広い世代の方と接した経験が大きなアピールポイントになるでしょう。

ハウスメーカーの就職難易度は?営業職と技術職で違う?

ハウスメーカーに就職しやすい人の特徴をご紹介しましたが、実際のところハウスメーカーへの就職はどれくらい難しいのでしょうか?

結論からお伝えすると、ハウスメーカーへの就職はそこまで難しくはありません。

これは、ハウスメーカーへの就職を希望する求職者が少ないからです。

背景に、離職率の高さや仕事の忙しさがあるからでしょう。

営業職と技術職の就職難易度の差もそこまで大きくなく、『技術職の方が少し難易度が高いかな?』というレベルです。

ハウスメーカーに就職したいと考えている方にとっては、チャンスとも言えるでしょう。

ハウスメーカーへの就職に有利な資格は?

就職活動や転職活動をスムーズに進める上で、資格は大きな武器になります。

こちらではハウスメーカーへの就職に有利な資格をご紹介していきます。

1.大卒の資格はほぼ必須


まず大前提として、大卒の資格は必須だと思ってください。

家は人生の中でもかなり高額な買い物になるため、それだけ信用が求められます。

高卒や中卒の方が信用できないというわけではありませんが、まだまだ大卒を応募条件に指定しているハウスメーカーが多いのも事実です。

2.営業職にお勧めの資格

続いて、ハウスメーカーの営業職を目指す方にお勧めの資格です。

具体的には、以下の資格を持っておくと就職に有利になるでしょう。

・宅地建物取引主任者
・ファイナンシャルプランナー
・住宅ローンアドバイザー
・不動産仲介士
・インテリアコーディネーター
・ライフスタイルプランナー

3.技術職にお勧めの資格

次に、ハウスメーカーの技術職に就職したい方にお勧めの資格です。

具体的には、以下の資格を押さえておきましょう。

・建築士
・CAD
・施工管理技士
・インテリアコーディネーター
・ライフスタイルプランナー

ハウスメーカーに就職するなら転職エージェントを使う!

ここまで記事を読まれた方の中には、別業種からハウスメーカーに転職したいという方もいるでしょう。

そんな方にお勧めしたいのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントとは、転職希望者の転職活動をサポートする企業や個人を指します。

転職エージェントの特徴をまとめると、以下のようになります。

・転職のプロであるキャリアコンサルタントが相談に乗ってくれる
・希望や適性に合った求人を厳選して紹介してくれる
・一般的には公開されていない非公開求人を紹介してくれる
・応募書類の添削や面接対策を受けられる
・面接日の調節や条件面の交渉を代行してくれる
・無料で利用できる

ハウスメーカーへの転職に使いたい転職エージェントは、以下のものをチェックしておきましょう。

1.マイナビエージェント

まず最初にお勧めしたいのが、マイナビエージェントです。

マイナビエージェントの特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

・若手人材の転職に強い
・大手企業だけでなく優良な中小企業の求人が豊富
・キャリアコンサルタントが親身に相談に乗ってくれる
・女性の転職にも力を入れている

20代でハウスメーカーへキャリアチェンジしたいという方は、マイナビエージェントにぜひ登録しておきましょう。

2.リクルートエージェント


続いてお勧めしたいのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントの特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

・求人数が圧倒的で自分に合った転職先が見つかりやすい
・一般的には公開されていない非公開求人を多く抱えている
・面接などの選考対策に強い
・年収アップを実現しやすい

たくさんの求人から自分に合った転職先を選びたいという方は、ぜひリクルートエージェントをチェックしておきましょう。

3.DODA

最後にお勧めしたいのが、DODAです。

DODAの特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

・紹介してもらえる求人数が多い
・キャリアコンサルタントの質が高い
・履歴書の添削や面接対策などの選考サポートが充実している
・大都市以外の地方への転職にも強い

地元に帰って転職したい方、面接などの選考に自信がない方はDODAをお勧めします。

ハウスメーカーへの就職は女性にもお勧め?

この記事を読まれている方の中には、女性でハウスメーカーへの就職を検討している方もいるでしょう。

そこでこちらでは、ハウスメーカーへの就職は女性にもお勧めできるのか解説していきます。

1.家庭との両立は結構大変

ハウスメーカーへの就職を検討している女性の中には、『家庭と仕事を両立したい!』と考えている方も多いでしょう。

しかし、結論からお伝えすると、ハウスメーカーの仕事と家庭の両立は結構大変です。

平日の残業や土日出勤も多いため、家族と過ごす時間は少なくなりがちです。

2.女性が活躍しやすい仕事でもある

家庭との両立は難しいですが、逆に言うと仕事にやりがいや充実感を求めたい女性には最適な環境だと言えるでしょう。

それに、女性ならではの繊細な接客やインテリアのアイデアなど、比較的女性が活躍しやすい仕事でもあります。

家族の協力の下、仕事に本気で取り組みたい女性にはお勧めです。

ハウスメーカーに就職すると辛いこともある?

ハウスメーカーの仕事はやりがいのあるものですが、決して楽ではありません。

最後に、ハウスメーカーに就職する上で覚悟しておくべき点についてご紹介しておきます。

1.ノルマがある


ハウスメーカーの営業職として就職する場合、大前提としてノルマがあります。

言うまでもなく家は高価な買い物になるため、そう簡単には売れません。

なかなか購入の契約がとれないと、追い込みのプレッシャーがかけられることも少なくないでしょう。

月末が近付くにつれて、そのプレッシャーもより大きくなっていきます。

2.勤務時間が長い

ハウスメーカーに就職する場合、勤務時間が長くなることも覚悟しておきましょう。

具体的には、朝の9時に出勤し、夜の21〜22時に終業というケースが多いです。

忙しい時期では、深夜までの残業もあります。

ただし、しっかりと成績を残してほぼ定時で帰る方もいるので、実力次第ではスマートに働くことも可能です。

3.クレームが多い

ほとんどの方にとって家は一生に一度の買い物になるため、ちょっとした妥協も許されません。

そのため、お客様からのクレームもかなり多いです。

難しいのは、必ずしも自分に責任がなかったとしても謝罪しなければいけないケースがあること。

クレーム対応によるストレス対策も考えておくと良いでしょう。

4.営業職は給料に波がある

こちらも営業職の注意点ですが、給料に結構な波があります。

営業職の給料には歩合が含まれるからです。

もちろん安定した成績を残し続けることができれば問題ありませんが、必ずしもそうとは限らないでしょう。

前年度の年収が高かったからといって油断しないように注意してください。

まとめ.ハウスメーカーへの就職に向いてるのはこんな人!

ハウスメーカーへの就職事情について様々な視点からご紹介してきましたが、ハウスメーカーへの就職に向いている方を最後に簡単にまとめておきます。

・人生の大きなターニングポイントに関わる仕事がしたい
・ビジネスパーソンとして大きく成長したい
・モノづくりに関わる仕事がしたい
・大きな達成感ややりがいを感じる仕事がしたい
・しっかりと給料を稼ぎたい

上記のような方は、ぜひハウスメーカーへの就職や転職を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です