ロイヤルハウスの注文住宅を徹底解説!プロが教える坪単価や評判と2つの特徴

<記事の情報は、2022年5月1日時点のものです>

ロイヤルハウスは、愛知県に本部をおく工務店のフランチャイズネットワーク。

北海道から沖縄まで、全国に約110の加盟店がある、家作りの提案、設計、施工、アフターッサービスなど地域密着サービスを行っています。

加盟しているのは、上質な木造住宅を建てる工務店ばかり。

30年間の実績があり、累計20,000棟以上の住宅を建設しています。

また、2012年から7年連続でグッドデザイン賞を受賞している実績があり、デザイン性の高い住宅としても人気。

家作りのテーマから選ぶ、商品のラインアップも幅広く展開しているので、各家庭にあったテーマが見つかるでしょう。

また商品テーマは、外観からわかるように、イメージ画像を一覧で並べているのでとてもわかりやすいです。

ここではロイヤルハウスの、坪単価、特徴、商品ラインナップ、お客様の評価を紹介しますので、参考にしてください。

また本文に入る前に、家づくりにおいて最も重要なことを伝えさせてください。

マイホームを建てたい!と考えたら、何よりも先に始めなければならないことがあります。

それは、「自分の住んでいる場所に対応しているハウスメーカー・工務店の比較検討をみっちり行うこと」です。

ここだけの話、家づくりで後悔している人のほとんどは、この「住宅メーカーの比較」を怠っていたというケースが非常に多いのです。

例えば、住宅展示場で一目惚れした家に決めてしまったり、営業の人の話に流されてしまったり・・・。大金のかかる買い物であるという特性上、取り返しがつかなくなってしまうことも。場合によっては何千万円もの損をしてしまうこともあるのです。

マイホームは人生で一度あるかないかの大きな買い物なので、誰しも絶対に失敗したくはないはず!

その為には、事前に多くの住宅メーカーのカタログを集め比較することが何よりもまず最初にやるべきことなのです。

「でも数多くある住宅メーカーからカタログを取り寄せるなんて、時間もかかるし面倒くさい」

ほとんどの人がそう思うでしょう。

そこでぜひ活用してほしいのが、東証一部上場のリクルートが運営するLIFULLのカタログ一括請求サービス

LIFULLのすごいポイントは、あなたが予定しているマイホームの建設予定地を入力するだけで、そのエリア対応の住宅メーカーをピックアップしてくれるところ。

最短1分ほどで請求できちゃうので、まずはカタログ一括請求サービスを利用して納得がいくまで住宅メーカーの比較検討をしてみてください。

↓ 【おすすめ】1分簡単カタログ一括請求 ↓

またより多くの住宅メーカーのカタログを取り寄せたい!というあなたには同じく東証一部上場のLIFULL HOME`Sが運営するLIFULLのカタログ一括請求もおすすめです!

正直SUUMOとHOME`Sの2つでカタログを請求すれば、ハズレることはないでしょう。

SUUMOでは工務店のカタログを中心に、HOME'Sではハウスメーカーのカタログを中心に集めることができますよ。

はじめは名前も知らなかった住宅メーカーが、あなたの希望を実現してくれる家づくりのパートナーになるというのもよく聞く話です。

知名度や会社の規模のみで選別せず、まずはヒットしたメーカー全てを取り寄せてみることがポイント

簡単1,2分程で出来る上、利用は無料なので、面倒くさがらずにまずはカタログを集めてしまうことをおすすめしますよ!

人生で一度のマイホーム、失敗や損をしないために面倒くさがらずに必ずLIFULLとSUUMOのカタログ請求から始めてみましょう!

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

それでは解説を進めていきます。参考にして下さい!

ロイヤルハウスの坪単価

ロイヤルハウスの気になる坪単価は、30万から50万と、お手ごろ価格なのが魅力です。

ある口コミでは、展示場に「坪単価29.8万円」という垂れ幕が下がっていたという口コミもあるくらい、ローコストですよね。

ローコストですが、間取りが自由に決められるのが、とても魅力的。

他の住宅メーカーを見ても、なかなかここまでローコストのところはないと思います。

比較検討したいですね。

ローコスト住宅については下記の記事で詳しく解説をしています。

関連記事⇒ローコスト住宅の特徴とは?安い家ができる理由とプロが教えるメリット・デメリット

ロイヤルハウスの注文住宅の2つの特徴

ロイヤルハウスは、全国の加盟店が集まって作っているネットワーク。

本部は愛知県名古屋市、事務所は東京にもあって、全国各地の信頼の置ける工務店が加盟店となり、地域に密着した家作りを行います。

では、ロイヤルハウスはどんな特徴があり、どこが魅力的なのでしょうか?

ロイヤルハウスの特徴を紹介します。

7年連続グッドデザイン賞受賞!


ロイヤルハウスは、2012年に初めてグッドデザイン賞を受賞してから、2018年まで7年連続してグッドデザイン賞を受賞しています。

デザイン賞は見た目の美しさだけではなく、機能性や提案力、革新性などいろいろな面が評価されないと取れない賞。

7年連続その賞を取るというのは、かなりすごいですよね、

ロイヤルハウスの公式HPではグッドデザイン賞について下記のように記されています。

ここからもこだわり抜かれてデザインがされていることが分かりますね。

スポンサードリンク

ロイヤルハウスでは、2012年「外暮らしの家」がグッドデザイン賞を初受賞したのを皮切りに、翌年にはロイヤルハウスの家づくりのベースとなる「ロイヤルSSS(スリーエス)構法が受賞。以後、ロイヤルSSS構法の強さや自由度の高さを存分に活かして、これからの暮らしを楽しく快適にする、多彩な商品を企画デザインしています。

そして、2018年度は「育つ家」「ロイヤルプラスS構法」の2商品が、グッドデザイン賞を受賞。見た目の美しさはもちろん、機能性や提案力、革新性など幅広いデザイン力が評価され、今回で、7年連続の受賞となりました。グッドデザイン受賞商品には、これから家づくりのアイデアがたくさん盛り込まれています。是非、自由設計を考える際のヒントとしても、ご活用ください。

出典:グッドデザイン賞|ロイヤルハウス

しかもとっているのは1商品だけではなく、年度ごとに2つ3つの商品が受賞。

今までに11の作品が賞をとっています。

また、ロイヤルハウスは長年子育て世代に適した住宅を提案しています。

そして子育て世代にCOMUNI(コムニ)シリーズとして、デザインをシリーズ化して商品にしていますが、そのCOMUNIが2018年度キッズデザイン賞を受賞しています。

安心のサポート制度

提携している工務店は、本当に信頼できるのか、心配な方のためにあるのがサポート制度。

工事を請け負っている工務店に万が一のことがあった場合、ロイヤルハウスが完全保障。

もちろん建物完成までサポートしてくれる制度です。

保証書は全ての建物に関して、ロイヤルハウスが発行します。

詳しくは、ロイヤルハウスにお問い合わせください。

その他、商品によって、耐震耐熱の特徴は変わってきますので、商品ラインナップで紹介します。

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

ロイヤルハウスの注文住宅の商品ラインナップ


ロイヤルハウスの商品ラインナップは、テーマによって分かれています。

色々な家庭環境に合わせたテーマなので、そこから選らび相談します。

ロイヤルハウスのラインナップを細かく見ていきましょう。

木心地のいい家

ロイヤルハウスは木にこだわり、木が持つ強さ、優しさ、美しさを存分に引き出す住宅を建てます。

この木にこだわった製法が、木組新講法「ロイヤルSSS」

材料は、一般的な集成材+、国産無垢材も活用した心地のいい家が実現しました。

木心地のいい家「木ころ」は木の味わいを堪能できる癒しの住まいです。

天井まで伸びた吹き抜けリビング、力強いあらわし梁、木組の美しさはロイヤルSSS講法で建てる住まい。

グッドデザイン賞をいただいたデザインです。

6つのインテリアスタイルから選べる「Be Riche」は、お好みに合わせて選ぶことができるインテリア。

6つのインテリアスタイルを簡単に紹介します。

① style green

オーガニックで柔らかい雰囲気が漂い、どんな家具でも合うナチュラルでシンプルなインテリア。木の優しさに癒されます。

② style Carf・Chic

都会的でおしゃれなインテリア。冷たい感じではなく、メイプルのやさしさをベースにしています。

③ style Timeless

アンティークな雰囲気の南欧風インテリア、こだわりの雑貨をおきたいですね。

④ style Flare

シンプルさが人気の白いインテリア。ベリッシュホワイトで作ります。

⑤ style Chambray

ブラックウォルナットでまとめた、大人で上品なインテリアです。

⑥ style nagomi

杉ガラ床が作る和風でモダンなインテリア、和風の落ち着いた雰囲気と、スタイリッシュなイメージが合わさりました。

ZEH

ZEHはゼッチと読み、1年間に自宅で消費するエネルギーよりも、自宅で作るエネルギーのほうが同じ、もしくは多い住宅のことを言います。

現代の住まい作りで大切なのはやはり、省エネ、そして断熱、創エネですよね。

ロイヤルハウスのZEHの家は、平成28年の省エネ基準を上回る高断熱仕様をベースに作られています。

冷暖房や急騰などの消費を抑えることで省エネ、そしてエネルギーを作ることでゼロエネルギーの暮らしをします。

エネルギーを作るのは、太陽光発電パネル。

ZEHは、2030年までに新築住宅の平均を目指すと目標を掲げています。

そして、省エネだけではなく、耐震、耐久、も兼ね備えた住宅。

まさにこれからの家作りのモデルとなる家ですね。

耐震については地震が多い日本で、家を建てるのであれば必ずチェックしなければならない重要ポイントです。

ロイヤルハウスの注文住宅の資料でも耐震への対策は明確に記載されているので、必ず確認をしておいてください。

では、それぞれの詳しい仕様を紹介します。

1.高断熱省エネ仕様


  • 床下断熱硬質ウレタンフォームで、床下の熱や冷気を遮断します。
  • 天井断熱高性能グラスウールで、5倍の断熱性能、上からの熱や冷気を遮断します。
  • 壁断熱 高性能グラスウールで、フラット35住宅仕様の4倍の断熱性能。外壁からの熱や冷気を遮断。
  • 開口部は、複数ガラスで、単板ガラスと比べると4倍の断熱効果、樹脂サッシなので結露がつきません。

2.太陽光発電

太陽光パネルで発電します。

自家消費で余った電力が売電できますし。

蓄電池をつけることで、夜間や緊急時に使うことができます。

3.節電アイテム

HEMSで、節電を見える化。

最新のナビゲーションシステム。

エコキュートやIHクッキングヒーター、高効率エアコン、断熱バスルームなど省エネアイテムがしっかり消費を抑えてくれます。

小さな家

住宅を作りたいという方の、家族構成は色々あります。

大家族、二世帯、三世帯で住む方色々あると思いますが、最近多いのは、一人世帯、夫婦二人世帯、夫婦と子供の3人家族の少人数の家族構成。

自分たちの暮らしにあったコンパクトな家は、ローコストで作ることができますね。

コンパクトな家だから可能な、機能的な間取りで、コスパのいい家を作ります。

小さな家は2つの種類の商品があります。

イーサイズ

60㎡から98㎡の空間から17.244通りのスタイルが実現します。

少ない家族で住む場合の、ちょうどいい家。

イーサイズの家作りは、7つのステップで作ります。

まずは暮らし方を1F、2F両方選びます。

次に外観スタイル選び→内観スタイル選びと進みます。

17424通りのスタイリングから自分だけの、スタイルを選んでください。

さらにキッチンやお風呂などの標準整備、基本性能を確認します。

最後に完成スタイルを確認します。

家族で相談しながら選ぶのは、とても楽しくて、難しいことがないので好評ですね。

外暮らしの家

外暮らしの家のコンセプトは、小さく建てて大きく暮らす。

家自体は小さいのですが、外に対して開かれたデザインが人気です。

家の中はキッチン、浴室、トイレなどの必要な機能を満たし、コンパクトにまとめられていてとても使いやすいと評判。

デッキが大きいので、外でバーベキューなどができますし、将来的に部屋数を増やしたりというリフォームも可能。

コンパクトだけど、開放的で広いというおすすめのプランがたくさんあります。

子育て住宅

子育て世代に提案する、子供と子育てをする家族に使いやすい住宅。

健康的で安全な住空間を考えます。

コムニ

コムニは子育て世代の夫婦が暮らせるアイデアが20つまった、アイデアハウス。

20の工夫を少し紹介しますと、センターダイニングで、家事動産を作り、ベビーカーや外遊び道具を収納できる、玄関の土間。

赤ちゃんのお昼ね、洗濯物をたたむときに便利な、キッチン隣の畳の間など、あると便利な工夫が20個。

そして、COMUNI美ファインは、子育て中でもきれいに暮らせる家。

また子供の成長を見守る家「COMUNI GROW」も人気です。

二世帯住宅

二世帯住宅は、家族の絆を強くする家。

いろいろなかたちがありますが、複数の家族が心地よく暮らせる、そんな家を目指しています。

ロイヤルハウスの二世帯住宅は、「プラステージ」。

二世帯でもたっぷり収納できるので、広い暮らしができます。

二世帯分しまえる収納は、1階と2階の中間層に作られた、高さ1.4mの大型の収納空間。

たっぷり入る収納で、思い出の品、季節のものなど二世帯の収納が可能です。

ペット対応住宅


最近利用者が多いのがこのペット対応住宅です。

ペット対応住宅は、飼い主側が満足する機能だけではなく、ペットも満足する工夫がたくさん。

ペットも大事な家族なので、快適に過ごせる空間にしたいですね。

ロイヤルハウスのペット対応住宅では、人とペットが快適に暮らせる工夫が15提案してくれます。

例えば、表面を特殊加工して滑りにくく、爪の引っかき傷がつきにくい床材。

おしっこなどの汚れがしみこみにくく、掃除しやすいタイル床。

ペットの匂い、生活の匂いもしっかり除去してくれる天井埋め込み型のファン。

ペットと快適に過ごすことができる、細かい工夫が嬉しいですね。

三階建て住宅

都市部では、コンパクトな土地をより広く使うために、三階建て住宅が人気。

おしゃれなモダンキューブの外観が人気の「アーバンステージ」

1階部分がガレージになっている「ビルトインガレージのある家」が人気。

都心部に住む方に人気の住宅です。

ロイヤルハウスの評判

子供が生まれたので、家を建てるのを考えていたのですが、できれば予算を抑えて建てたかったので、ロイヤルハウスの子育て住宅に興味を持ちました。

子育てのための工夫がいろいろあって、すごくいいと思います。

建った家に住んでみて、使ってみてわかる便利さがありますね。

建ててからも何か不具合があると、相談できるのも良かったです。

ローコストで、デザインも自分で決められて、アフターケアもしっかりしているので、ロイヤルハウスに頼んでよかったです。

40代 女性

子供も独立して、大きい家は掃除も大変だし、部屋ももて余していたので建て返しました。

夫婦二人で住むコンパクトな家を作りたかったので、ロイヤルハウスのイーサイズが良かったです。

あまり小さい家の商品を出しているところが少ないので、助かりました。

コンパクトでもとても住みやすい家、動線が考えられているので生活しやすいです。

部屋が広く感じますし、夫婦でロイヤルハウスのイーサイズにして良かったと話しています。

50代 男性

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

ロイヤルハウスの注文住宅まとめ

ロイヤルハウスについて、他のハウスメーカーにはない特徴、色々な家庭環境にあった商品ラインナップ、実際立てた方の評判を紹介しました。

ロイヤルハウスはローコストなのに、機能的で自分で色々選べる住まい作りがとても人気。

全国に加盟店があり、建てた後のアフターフォローも充実していますね。

色々な商品があり、特徴をまとめていますので、参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。