古川工務店の注文住宅をプロが徹底解説!坪単価や評判と6つの特徴

埼玉県鶴ヶ島市に会社を構える古川工務店は、自然素材を使用した輸入住宅の専門店です。

南欧、北米、英国スタイルの住宅の施工、リフォームを行い、ハンドメイド家具の施工も行っています。

住宅施工エリアは、埼玉県全域と、東京、群馬の一部地域。

ギャラリーや展示場も埼玉県にあり、輸入雑貨店も展開しています。

住む人のライフスタイルや外観の好みに合わせて、選ばれる輸入住宅は長年住むごとに価値を高めます。

施工例には輸入住宅の素晴らしいデザインがたくさんのっているので、見ているだけでも夢が広がりますね。

ここでは、古川工務店の坪単価、特徴や仕様、商品ラインナップ、口コミや評価など詳しく紹介しますので参考にしてください。

古川工務店の注文住宅の気になる坪単価は?

古川工務店ではホームページに本体価格がのっています。

3タイプの基本スタイルごとに3つのグレードが用意されています。

それぞれの輸入住宅の坪単価を紹介します。

ラ・ナチュール 30坪総2階建て注文住宅Plan本体価格

ラ・ナチュール Basic 1,251万円 坪単価41.7万円

ラ・ナチュール 1,410万円 坪単価 47万円

ラ・ナチュールClassic 1,470万円 坪単価 49万円

アメリカンスタイル 30坪総2階建て注文住宅Plan本体価格

アメリカンカントリーBasic 1,300.5万円 坪単価 43.35万円

アメリカンカントリー 1,401万円 坪単価 46.7万円

アメリカンカントリーClassic 1,480.5万円 坪単価49.35万円

スウェーデンスタイル フィーカ 30坪総2階建て注文住宅Plan本体価格

フィーカBasic1,302万円 坪単価 43.4万円

フィーカ 1,500万円 坪単価50万円

フィーカClassic 1,881万円 62.7万円

本体価格のほかに付帯工事費、諸経費、消費税がかかります。

古川工務店の注文住宅6つの特徴

古川工務店は1995年に設立し、今まで数々の実績を積んできました。

無理せずたて、住むごとに価値を高める輸入住宅作りを提案し、お客様にずっと住み続けてくれる家を作っています。

古川工務店の輸入住宅の特徴を紹介します。

耐震性


古川工務店の住まいは日本でいう2×4と呼ばれている工法を取り入れています。

2×4の工法は、壁、床、屋根の6つの面で箱として組み立てます。

地震や台風などの外からの力を6つの面で吸収して分散させるので、耐震性に優れた構造。

また、古川工務店の住まいは、2×4、2×6、2×8~選ぶことができます。

耐火性

木の家は、太さや厚みがあれば火災に強いのをご存知でしょうか?

古川工務店の住まいは鉄以上に火に強い素材を使用して、耐火性が優れた住まい。

木の柱などはいったん火がついても、表面に炭化した層をつくり内部までは進行しません。

耐火性の強さは、現実の火災においても実証されています。

スポンサードリンク

また、古川工務店の住まいは2×4工法で壁の内部に一定間隔で、ファイヤーストップ材が入っています。

ファイヤーストップ構造は古川工務店の特徴の一つです。

部屋の内側には石膏ボードが張られているので、石膏は耐火性に優れた素材なので家事を抑える役目があります。

2×4工法の住まいの多くは省令準耐火構造と認められ。火災保険料も優遇されます。

省エネ住まい 断熱

高気密の住まいは省エネにつながります。

住まいの省エネについて紹介します。

関連記事⇒省エネ住宅とは~不動産のプロが計算方法や制度の仕組みについて解説

・天井ロックウール充填

住まいの天井にはロックウールを採用しています。

ロックウールは、繊維の隙間に大空気を含む構造なので、断熱効果が高くなります。

断熱効果が高いということは、耐水性、吸音性能が高いにもつながります。

・床下断熱材

床下の断熱材には「カネライトフォーム」を採用。

断熱材として高い評価を得ている素材です。

断熱材については下記の記事で詳しく解説をしています。

関連記事⇒断熱材にはどんな種類があるの?7つの種類別に価格や性能をプロが徹底比較

・マシュマロ

壁内の結露を防ぐ断熱材は、家の耐久性も高めますし、外気との無駄な熱交換がないので部屋間の温度差がない住まいを作ります。

冬場のヒートショックの予防になるので、お年寄りや赤ちゃんにも安心して暮らすことができます。

古川工務店が作る輸入住宅の窓は、高気密で高断熱、それだけではなくデザイン性にも優れる窓です。

・木製トリプル

木製の窓は、スウェーデン生まれなので寒さを防ぐ断熱性が求められ、高断熱を実現しました。

木製の回転窓は、使いやすいし180度回転するので、掃除も簡単にできます。

通気性をよくするために回転窓は最適、風の通り道を作りますね。

また遮音性も高く、外の騒音がほとんど聞こえません。

・樹脂トリプル・樹脂ペア

樹脂サッシの「モンタージュ」を使用。

輸入住宅は細部のデザインも凝ったものが多いですが、この窓も欧米の優れたデザインと性能の高いデザイン性を誇ります。

・断熱性

窓も熱の逃げやすい場所ですが、古川工務店ではアルミサッシに比べて4倍の断熱性能を誇るLow-Eの複層ガラスを使用。

樹脂サッシとLow-E複層ガラスでしたら、外気の影響を受けることなく快適な暮らしができますね。

・意匠性

古川工務店の窓は木製サッシで、デザイン性が優れていると共に、高級感とアンティークな品の良さが魅力的、家のデザインともあっています。

外観フレームには、お好みに合わせて16種類ものカラーバリエーションから選ぶことができます。

オリジナルのカラーを作ることもできるので、自分の好きなカラーを使うことができますね。

・防犯性

防犯性を高めるために、外からは障子をはずすことができない構造。

一定の大きさの窓には、2重ロックで対策しています。

空気環境


高断熱性の住まいで大切なことがあります。

それは、室内の換気をきちんとすること。

特に新築の住宅には、必ず機能の換気設備を設置しなければいけないと法律でも決められています。

古川工務店では、住まいの快適な空気のために24時間換気システムを設置。

人に優しく地球に優しい省エネ換気「きっちり省エネ型」を採用しています。

熱交換効率は65%、汚れを除去するのでお部屋の空気をきれいにします。

自然素材

身体に優しい自然素材を使うことで、長く安心して住むことができる家を作ります。

・珪藻土塗り壁

部屋の雰囲気を決める内装材、ナチュラルな塗り壁の珪藻土塗り壁を採用。

日本の気候に合った素材で、味があり、継ぎ目がないので、見た目もいいですね。

優しいイメージで落ちついた内装になります。

・無垢材

無垢材は自然素材なので、安心して暮らすことができます。

また同じ種類でも1本1本違いがあるので、味がありますよね。

天然木は耐久年数も高いですし、断熱、調湿効果も高く室内の空気を快適にします。

無垢材には、パイン(米松)、オーク(楢)、バー地(樺桜)、ウォールナット(クルミ)の種類があり、本物だけが持つ質感を感じますね。

・健康塗料

古川工務店では、身体に害がない健康塗料「VATON」を使用。

木目の持っている美しさを最大限に引き出し、木の表情を大切にする塗料です。

塗料のカラーは、バリエーションが豊富で、お好みで選ぶことができます。

関連記事⇒健康住宅とは?不動産のプロが教える特徴とメリットやデメリット

古川工務店の注文住宅の商品ラインナップ

古川工務店の住まいは、南欧、北欧、英国、アンティークのスタイルが色々あります。

商品ラインナップを紹介します。

プロヴァンススタイル


自然の素材をふんだんに使用したフレンチスタイル。

プロヴァンスの古民家のような自然素材の、優しいデザインが魅力的です。

素朴な外観は、懐かしさを感じるような佇まいを見せ、存在感があります。

パノラマスタイル

パノラマ(塔)が目を引く、豪華な佇まいです。

北欧の伝統あるデザインで、オーダーデザインだから可能にした住まいです。

さすが輸入住宅といったところ、どうせ輸入住宅を作るならここまでやりたいですね。

中のインテリアも凝ったパノラマスタイル。

スウェーデンスタイル

スウェーデンスタイルは品があってシンプルなデザイン。

木枠の色で色々な個性が出ます。

自然素材の木のぬくもりを感じる素朴さが魅力です。

アメリカンカントリー

アメリカンな住まいは、本格的なカントリーデザインの住まい。

輸入住宅の中でも人気のスタイルですね。

古きよきアメリカのデザインは、自然の素材とかっこよさが混ざり合った住まいです。

平屋スタイル

平屋のスタイルも輸入住宅なら、贅沢な間取りで大きくとった室内は開放的で、人気。

幅広い世代が住みやすい、ワンフロアの住まいです。

クイーンアンスタイル

洗練された外観の、豪華な見せる住まいです。

石才、屋根の色など考えられた絶妙なバランスの住まいで、ガーデニングまでデザインするとさらに外観がアップしますね。

ジョージアンスタイル

総タイル張りの外観は、どっしりとし佇まいで伝統を感じさせてくれます。

タイルで仕上げた外観はとてもアンティークな雰囲気がいいですね。

本場のレンガを取り寄せて作るので趣が違います。

ガレージスタイル

インナーガレージを作った住まいは、趣味の車やバイクを楽しむ空間ですが、それ以外にも使い道はたくさん。

レンガを使用したブリティッシュスタイルの住まいが人気です。

2世帯スタイル

輸入住宅の2世帯スタイルは、今人気のスタイルです。

それぞれの家族が仲良く暮らせるように、考えられた間取りと、カントリースタイルのナチュラルなデザインが人気です。

関連記事⇒二世帯住宅のメリットとデメリット~プロが教える間取りや親との同居で失敗しない方法

3階建て

土地を有効活用する3階建ての住まいは、色々な間取りをとることができます。

もちろんデザインもおしゃれでおすすめのスタイル。

店舗兼用住宅

自宅の一部をつかって自分だけのお店を開くのは、夢ですよね。

おしゃれな外観だからできる、目を引く店舗が可能です。

古川工務店の評判

全てのデザイン、素材にこだわりたかったので古川工務店にお願いしました。
フローリングの無垢材の種類、窓枠、タイルの色、ドアなど悩みながら決めていきました。内装や間取りもかなりこだわって、住みやすい家にしたつもり。

設計士の方の的確なアドバイスもあり、一緒に作り上げてきた家です。
住み心地はもちろん大満足。

これほど、自分のお気に入りの家になったのは、古川工務店さんのおかげです。
温度、湿度も快適なのは、天然素材を使っているからと、断熱性能が高いからだと思います。
40代 男性

ナチュラルでモダンな輸入住宅にあこがれていたのですが、やはり値段がびっくりしてしまいます。
古川工務店の輸入住宅は、手が届く範囲だったので展示場を見に行って、一目で気に入りました。

外観は白を基調とした外壁とブルーの屋根がとてもかわいいし、落ち着きます。
周りの家や風景から浮くこともなく、でも存在感のある住まいは、帰るのが楽しくなりますね。

輸入住宅に住むことができるなんて、夢みたいです。
40代 男性

古川工務店の注文住宅まとめ


古川工務店の輸入住宅について、価格、特徴、商品ラインナップなど紹介しました。

輸入住宅はとても値段が高いと思いがちですが、手が届く価格の設定、そしてホームページに本体価格が記載されているので、資金計画が建てやすくとても良心的な会社ですね。

自然素材を使った住まいなので、住み心地がよく日本の風土に合っています。

一番の特徴はやはりデザイン性の高さと種類の多さ。

輸入住宅を扱っている会社の中でも、これだけタイプの違うデザインの住まいを作っている会社はないのではないでしょうか。

施工事例は、ホームページで確認できますので、ぜひデザインを見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です