ロビンスジャパンの注文住宅をプロが徹底解説!坪単価や評判と4つの特徴

ロビンスジャパンは、千葉県に本社がある住宅メーカーで、スタジオは東京、横浜、千葉などに構えています。

輸入注文住宅を中心に、日本の家庭のライフスタイルにあった住まいを提供。

ロビンスジャパンは、建築家とお客様が一緒に作る輸入住宅。

流行にまどわされずに、ずっと残るデザインの家を作ります。

輸入注文住宅は、値段が高いイメージがありますが、ロビンスジャパンでは経営コスト削減に努力しているので、良い家を低コストで提供することができます。

例えば、モデルハウスをなくして、建築部材、設備のメーカーとの直接仕入れのルートを開発など、経費削減の努力しているのがわかりますよね。

ここでは、ロビンスジャパンの坪単価、特徴、商品ラインナップ、評価など詳しく紹介します。

ロビンスジャパンの注文住宅の坪単価

ロビンスジャパンの坪単価は、ホームページに明記されています。

施工面積や商品によっても変わりますが、25.8万円~35.6万円と、ローコストなのがわかりますね。

輸入住宅でこの価格帯は、他のメーカーと比べてもかなり安いのがわかります。

ロビンスジャパンの注文住宅4つの特徴

ロビンスジャパンがどうして多くの人に選ばれるのか、ロビンスジャパンの特徴について紹介します。

美しく個性的なデザイン

輸入住宅を希望の方の多くは、その美しいデザインに魅了されています。

ロビンスジャパンでは、提供する住宅は全て建築家作品と考え、お客様のために一邸一邸心をこめて作っています。

ロビンスジャパンの建築家は、輸入住宅に精通していますので、お客様の希望に沿った輸入住宅をデザイン、提案します。

また、ロビンスジャパンの担当は、プランニングから現場管理まで、一貫して担当します。

大手のメーカーのように多くの人員がいるわけではありませんが、全員が輸入住宅の専門家です。

また、ロビンスジャパンでは、一つの間取りからいくつもの外観デザインを提供しています。

輸入住宅の醍醐味である、おしゃれな外観デザインは人によって好みが違います。

タイプが違う外観デザインを10通りから選ぶことができます。

価格を抑えて提供


ロビンスジャパンのホームページには、商品ラインナップが写真付き、坪単価も掲載されています。

その写真を見て、坪単価を見ると驚くと思います。

坪単価が安いのに、輸入住宅の美しいデザインの家ばかり。

どうしてローコストが実現するのでしょう。

理由を紹介します。

モデルハウスを持たない

コストを抑えるために、ロビンスジャパンではモデルハウスを持っていません。

ご存知のようにモデルハウスの維持、管理は相当の経費がかかります。

その分を、お客様の家のコストを抑えることに使ったほうがいいと考えました。

材料の仕入れ

ロビンスジャパンでは、建築部材、設備を仕入れるのに、直接仕入れを可能にしました。

スポンサードリンク

直接仕入れをすることで、中間マージンを払うことがなくなり、低価格で仕入れが可能になり、その分本体の価格を下げることができます。

少数精鋭のスタッフ

ロビンスジャパンのスタッフは、プランニングから管理まで、一人で何役もこなすことができるスペシャリストばかりです。

店舗数は大手のように多くはありませんし、徹底した少数精鋭主義なので、コストを抑えることにつながっています。

ローコスト住宅については下記の記事で詳しく解説をしています。

関連記事⇒ローコスト住宅の特徴とは?安い家ができる理由とプロが教えるメリット・デメリット

2×4の性能

ロビンスジャパンの建てる住まいは、ツーバイフォー住宅。

高い性能を誇る2×4の住宅の性能についてみていきましょう。

耐震性

ロビンスジャパンのツーバイフォー住宅は、地震に強い家。

家族を守るためにも、家の耐震性は高いものを選びたいですよね。

1995年の阪神淡路大震災では、震度7のゆれが多くの建物を倒壊させました。

しかし、この地震の中でもツーバイフォーの住宅は大きな被害がなかったのをご存知でしょうか。

地震に強いことが証明されたことになります。

またツーバイフォーの家に、制震装置をつけることで、繰り返す余震を防ぐことができます。

ロビンスジャパンが提案している制震装置は「3M VAX」。

余震の揺れを吸収し、何回も繰り返し起こる余震でも耐えることができる装置。

標準仕様ではなく、オプションになりますが、いざというときのためにつけておきたいですね。

耐火性

ツーバイフォーの住宅の中でも、ロビンスジャパンの住まいは使っている素材も耐火性に優れているので、火事をもらわない、広げない住まいです。

天井と壁の内側には、耐火性が高い石膏ボードを使用。

火災が発生したときも内部に火が燃え移りにくく、火災が広がるのを大幅に遅らせることが可能です。

また、床や壁に使われている断熱材も、火災のときに内部の木材が燃えるのを抑えます。

火災のときに、二重三重と火が燃え広がるのを防ぐので、最小限に抑えることができるのです。

耐風性


ツーバイフォーの住宅が生まれたのは、北米です。

アメリカでは強烈な竜巻が年に何度も上陸し、それに耐えうる住宅を作るために開発されました。

特に注目したいのは、あおりとめ金具の「ハリケーンタイ」。

まさにハリケーンのために作られたもので、たかが金具と思いがちですがこれ一個で許容耐力2.303N。

ハリケーンタイは、外壁と屋根をしっかりと連結。

どんなに強い風が来ても屋根が飛ばされないように、抑えます。

気密性

家の気密性を高めると、少ないエネルギーで部屋の温度が快適になりますし、温度を逃さないので、光熱費の節約にもつながります。

もちろん断熱性を高めることも大切ですが、建物の隙間を防いで気密性を高めることも大切。

ツーバイフォーの住まいは、床と壁を組み立てる方式なので、隙間ができにくく気密性が確保できる工法です。

そして、それだけではなく、外壁の室内側の石膏ボードに、住宅用プラスチック系防湿フィルムを張っています。

気密性を高めることで、結露も防ぐので湿気で家が傷むのも防ぎます。

ツーバイフォー住宅については下記の記事で詳しく解説をしています。

関連記事⇒ツーバイフォー工法の住宅の特徴は?2×4工法のメリットとデメリットを不動産のプロが解説

太陽光発電の提案

ロビンスジャパンでは月々の光熱費の軽減のためにも、太陽光発電の導入を提案しています。

太陽光発電4.30kw導入することによって月の負担が7897円節約になります。

年ではなく、月と考えるとかなりお得なのがわかりますね。

ロビンスジャパンの注文住宅の商品ラインナップ

ロビンスジャパンではコスパに優れた商品を提案しています。

ロビンスジャパンの商品ラインナップを紹介します。

ハイジ・フォーシーズン

ロビンスジャパンの商品の中で、コストパフォーマンスに優れて人気のハイジ・フォーシーズン。

低価格な標準型と、次世代の省エネタイプのZEH仕様に分かれます。

ハイジ・フォーシーズン 標準型

坪単価は驚きの27.7万円~。

標準仕様でもクオリティが高く、デザインも素敵ですね。

ロビンスジャパンのベストセラーシリーズです。

外観は、北米タイプ、プロバンスタイプ、ヨーロピアンⅠ、ヨーロピアンⅡ、イングランドタイプと分かれますので、お好みのものを選ぶことができます。

使いやすさを追求したキッチンは、いくつかのメーカーから選ぶことができ、種類が多いので気に入ったものがあると思います。

バスルーム、サニタリー、トイレットもいくつかのメーカーから選択可能。

ハイジ・フォーシーズン ZEH

ZEHは次世代の省エネ住宅。

条件に合った屋根をつけることで、補助金が出るので実質0円で太陽光発電システムをつけることができます。

坪単価は施工面積によっても変わりますが。29.2万円~可能。

環境に配慮した住まいで、光熱費の節約にもつながりますし、災害時にはパワーコンデショナーのコンセントから電気をつけることができ、安心です。

ナチュラルライフ


ナチュラルな家が好きな方におすすめのナチュラルライフ。

坪単価は28.2万円~。

リビング、ダイニングの内装を自然素材で仕上げました。

壁は能登産の珪藻土を使用して左官仕上げを行うので、独特の質感と雰囲気になります。

珪藻土の特徴は、湿気のコントロールが優れていること。

湿気の多いときは吸湿して部屋の湿気をなくします。

湿気の少ないときには放湿して、部屋の空気を快適にします。

また、保温性と断熱性にも優れている素材で、エアコンを効率よく使うことができますね。

ナチュラルライフの住まいでは、能登産の珪藻土を使用しています。

オレゴン&カントリー

オレゴン&カントリーの坪単価は25.8万円~用意されています。

ツーバイフォー工法で、機能性が高く、おしゃれなデザインが人気です。

ヴィンテージ

こだわりのインテリアをおきたい、ヴィンテージの住まい。

坪単価は27.1万円~用意されています。

アンティークの家具にも使われている素材を使い、木目の白壁がきれいな部屋。

ナチュラルな素材を使った部屋など、好みによってデザインしましょう。

パステルパレット

インテリ建材をペイント調アンティークイメージに統一した住まいは、かわいくておしゃれなこだわりの住まいです。

パステルパレットの坪単価は、27.1万円~。

クラフトのような、ラフな感じはわざと塗りムラや傷などをつけて、雰囲気を出しています。

洋風でかわいいけれど、どこか大人の上品さも感じられる室内。

木の質感を生かした、ナチュラルテイストのドアがよく似合います。

扉カラーは、5種類のカラーから好みのものを選ぶことができます。

オリーブハウス

南米プロバンスを感じさせる、オリーブハウスの住まい。

どこか懐かしさを感じる人も多いのではないでしょうか。

ディテールは細かいところまで凝っていて、建築家のこだわりが見えます。

ロビンスジャパンの評判

輸入住宅をたてるのが夢でした。
でも輸入住宅は高いですよね、しかも邸宅のような大きものが多いし、難しいかなと思いながら、住宅メーカーを色々探していました。

ホームページで見つけたのが、ロビンスジャパン。
坪単価20万円台からあるのにびっくり。
本当にこの値段で建つのかなぁと思いましたが、資料請求して相談に行きました。

色々こだわりの部分も話して、プランを考えていただきましたがデザインも内装も、機能も設備も理想どおりのものができて、コストも抑えられています。
施工しているときも、楽しみで何回も見に行っちゃいました。

できた家は、思ったとおりのデザイン!
それだけではなく、過ごしやすい家ですね。

気密性が高いので、エアコンの効きがすごく良くて驚きました。
温度と湿度が快適だと、エアコンをつける時間が短くてすみます。

光熱費の節約にもなっています。
40代 男性

輸入住宅が好きなのですが、あまり個性的過ぎると周りの景色と合わないし、浮いてしまうかなと思い、躊躇していました。
ロビンスジャパンは、いろいろなタイプの外観を選ぶことができるので、おしゃれだけどなじむ外観が選ぶことができます。

内装は、趣味の部屋、開放的なリビング、木目のぬくもりや色まで全て気に入っています。
これだけ理想的なものができたのは、熱心に対応してくれた建築士さんのおかげだなと思っています。

子供が騒いでも、外に音が漏れないのもいいですね。
親が遊びに来たときに、「すごく高いんじゃないの?」ときかれましたが、実はそれほどかかっていないのを教えると、驚いていました。

ロビンスジャパンさんに頼んでよかったです。
30代 男性

妻の希望でロビンスジャパンにお願いすることにしました。
土地探しからはじめてくれるのがいいですね。

やはり、基礎となる土地は専門家の目で見てもらいたかったので、良かったです。
提案プランは、私たちの夢をかなえてくれて、さらに上を行くアイデアがいっぱい。

建築士の方は、レスポンスも早くまったくストレスがなく、家作りを進めることができました。
とにかくデザインがいいですよね。

海外の家みたいですごくいい、理想的!と妻も満足しています。
デザインも機能も満足していますし、いざというときにも安心して住むことができる家だと思っています。
40代 男性

坪単価を確認したときに、すごく安かったので決めました。
オプションをつけたらもちろん、プラスされますが、それでも十分ローコストです。

シンプルな家を希望したので、外観も内装も白を基調にした家ですごくいいです。
庭もあるので、子供も遊ぶことができますし、部屋も広くて開放感があります。

担当の方も親身になって話を聞いてくれて、助かりました。
30代 男性

ロビンスジャパンの注文住宅まとめ


ロビンスジャパンの住まいについて、坪単価、特徴、商品ラインナップ、評価について詳しく紹介しました。

美しく、内装もこだわっている輸入住宅が、この坪単価で購入できるのは驚きですね。

高クオリティ、ローコストが、ロビンスジャパンの人気の理由です。

あらゆる災害にも耐えることができる工法、家の中は1年中快適に過ごすことができる気密性が高い家です。

価格が抑えてあり、何に使うのかがクリアなのも安心できる理由ですね。

ロビンスジャパンの住まいは、理想の輸入住宅を建ことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です