注文住宅のメリットって?建売住宅との違いとデメリットを不動産のプロが解説!

マイホームといえば一生に一度の買い物です。多少高くなったとしても、希望通りの住宅を建てたいですよね。

注文住宅の良いところは、0から住宅を建てられることです。

どのような家を建てるのか、工法から間取り、内装から外装にいたるまで、すべてを自由にデザインできる注文住宅ならば希望通りのマイホームを建てられるでしょう。

ただし、注文住宅は良い事ばかりではありません。

デメリットなどもあるので注意が必要です。

これから注文住宅で家を建てることを検討しているなら、メリットだけでなく、デメリットや建売との違いなどについても把握しておきましょう。

注文住宅とは?そのメリットをプロが解説!

注文住宅とは、その名前の通り注文を住宅することなのですが、建売と違って自由に住宅をデザインできるという特徴があります。

要するに、自分が描いた理想の我が家を建てられるということですね。

注文住宅ならば、間取りだけでなく工法や住宅にどのような設備をつけるのか、さらには外装や内装など、住宅に関わるあらゆる仕様を自由にデザインすることができます。

工法というのは、住宅を建てる方法のことですね。

同じ木造建築の住宅でも、工法が違うと耐久力や間取りなどに違いが生じます。

例えば、日本の伝統的な工法である在来工法で住宅を建てると、大きめの開口部や窓を設置できるので、開放感のある住宅を建てられます。

オーダーメイドで建てられるため、注文住宅だとこのような家を建てたいという自分の希望が反映されやすいです。

注文住宅で建てられた家とはまさに世界に一つだけの自分の家となるでしょう。

注文住宅では設備だけでなく、材料まで拘ることができます。

アレルギーが心配という方や、この材料で家を作って欲しいという希望がある方ほど、注文住宅は相性が良いです。

注文住宅のメリットはデザインの自由性

新築の住宅を自分好みに建てられる注文住宅の主なメリットは、そのデザインの自由性にあります。

流石に法律に触れるような建物は無理ですが、可能な限り依頼主の意見が反映された住宅が建てられるので、まさに自由に家をデザインできるのですね。

特に、間取りと仕様を自由にデザインできることが注文住宅の最大の強みでしょう。

注文住宅ならばドラマでよく見るような対面型のキッチンや、和室と洋室の両方がある家、自由に歩きながら服を探せるウォークインクローゼットなどを設けることができます。

こういった機能が欲しい、窓を広めに設置して欲しい、ここをこうしたいなどの要望を注文住宅ならば実現することができるのですね。

妥協せずに理想の我が家を建てたいなら、注文住宅の一戸建てがオススメとなるでしょう。

このように自由に家を建てられるという利点に加え、注文住宅は予算を調整しやすいというメリットがあります。

注文住宅というと費用が嵩みやすいイメージがあるかもしれませんが、実は予算を調整できるため、無駄な出費は削ることができるのですね。

注文住宅ならば家を建てる時にどの資材を使うのかも選べます。

そのため、拘りのある個所に費用をかける一方で、拘っていない部分については安い材料にすることで、予算の無駄をカットすることができます。

拘りたい部分には費用を多めに使いつつ、拘りがない部分は費用を抑えることで、資金を上手く調整できるということですね。

注文住宅を建てる際の予算の決め方については下記の記事で詳しく解説をしています。

関連記事⇒住宅購入予算の決め方~プロが教える家を建てる家を建てる費用の目安とシュミレーション

さらに、注文住宅は欠陥住宅になるリスクが低いという利点があります。

これは注文住宅を建てるにあたり、その途中経過を常に依頼主がチェックできるからです。

といっても、依頼主自身がチェックするわけではありません。

第三者の評価機関が、この家は大丈夫なのかどうかをチェックすることになります。

スポンサードリンク

それ以外にも、依頼主は直接現場に足を運ぶことで、現在どうなっているのかを現場管理者より聞くこともできます。

このように建設過程において常にチェックできる環境があるので、欠陥住宅が発生するリスクが注文住宅はとても低く、品質について安心できます。

欠陥がなく、高品質な住宅を建てると、その建物に資産価値が付きます。

もし将来売却することになったとしても、高く売ることができるでしょう。

まとめると注文住宅には、自由にデザインできる、予算が調整しやすい、品質が高いなどの利点があるということですね。

注文住宅のデメリットは予算が高いこととスケジュール


注文住宅には、自由に家をデザインできるという利点とは別に、デメリットもあります。

一体どのようなデメリットがあるのでしょうか?

そのデメリットというと、打ち合わせや工事が多いので完成するまでに時間がかかる、どのような設備や資材にするのかをすべて決めないといけないので面倒くさい、注文を付けすぎると予算を超えるなど。

注文住宅は確かに自由に家をデザインできるという強みがあるのですが、それは時としてデメリットにもなります。

まず、注文住宅は自由にデザインができる分、どのような家を建てるのか、多くのことについて打ち合わせをする必要があります。

同様に、こうしたいという希望が多いと、その分だけ工事も増えてしまうのですね。

そもそも注文住宅の場合、希望に適う土地をまず見つけられないと話が進みません。

この土地探しでまず時間がかかります。

関連記事⇒理想の注文住宅を建てるために!土地探し方のポイントやその後の工程と流れ

次に、どのような家を建てるのかで、ハウスメーカーなどの建設業者と面談し、打ち合わせをすることになります。

希望の家を建てたいという拘りがある以上、この打ち合わせは避けて通れないでしょう。

打ち合わせが完了し、いざ施行となっても、途中経過を適時チェックすることになるので、素早く建てるというわけにはいきません。

良い家を作ろうと思うあまり、頻繁に依頼主が現場に足を運び、現場管理者にあれこれと質問を多くするとその度に作業が中断し、遅れが生じてしまいます。

要するに、良い家を作ろうとするなら、時間がかかるということです。

こればかりは仕方のないデメリットなので、受け入れるしかありませんね。

注文住宅で実際に入居できるまでの期間というと、早くて6ヶ月ほど、遅いと12ヶ月はかかるでしょう。

注文住宅で家を建てるなら、1年はかかると想定しておいた方が良いですね。

このように時間がかかるというデメリットに加え、注文住宅ではかなり細かい部分まで自分で決めないといけないので、いざ打ち合わせがスタートするとかなり面倒で、体力を使います。

もっとも、この辺りは苦痛に感じるかどうかは人によるでしょう。

拘りのある家を建てたいと考えている方の場合、細かい部分まで決められることはむしろメリットに感じるでしょう。

ただ、仕事が忙しくてなかなか時間が取れないという方からすると、決めることが多い注文住宅の方が目立ちやすいです。

特に、早く入居したい方にとって、時間がかかる注文住宅は相性が悪いですね。

そして、費用面に関してですが、注文住宅は拘りが強すぎると予算がオーバーしやすいです。

あれが欲しい、これも欲しい、もっと良くしたいと考えるあまり、次々と注文をつけ足せばコストが嵩み、いずれは予算を超えてしまいます。いざ予算を超えてしまった場合、どこかで削らないといけません。

確かに注文住宅には、自由にデザインできるという利点がありますが、自由といっても予算の範囲内での自由です。

予算がある以上、どこかで妥協しないといけないということですね。

なにより、家を建てるとなると予想以上にコストが嵩むことがあります。

見積もりでは予算の範囲内だったけれど、実際に工事をするとなると予算を超える費用がかかるケースがあるので注意しましょう。

例えば、各種登記にかかる費用や融資関連の費用、地盤改良、上下水道の引き込みにかかる費用に関しては、見積もりより高くなる可能性があるコストです。

ギリギリの予算を組むと、いざ工事が始まった時にオーバーする恐れがあるので、注文住宅に限らず予算は常に余裕を持たせたおいた方が良いです。

でないと、お金が足りなくなってしまいかねません。

注文住宅には、手間と時間がかかる、注文が多いと予算を超えるなどのデメリットがあるので、気を付けましょうね。

注文住宅の種類について


注文住宅といっても、種類があります。

この注文住宅の種類次第ではデメリットを解消することができるので、それぞれの種類について把握しておきましょう。

ではその種類についてですが、注文住宅にはすべてを自分で自由に決められるフルオーダー住宅と、既に仕様が決まっている住宅に対して設備や外装などの一部を自由に決められるセミオーダー住宅があります。

フルオーダー住宅と違って、セミオーダー住宅ならば既に仕様が出来ているので、依頼主としては仕様以外の部分を決めるだけとなります。

つまり、フルオーダーよりも手間が少ないということですね。

仕様を決める必要がない分、セミオーダーならば建築に関する知識が不要になるなどの利点があります。

さらに、フルオーダーと比べて資金が少なく済むので、お得になるというメリットがあります。

デメリットは、仕様が決まっているので、あまり自由にデザインはできないことです。

拘りが強い方ほど、セミオーダーは相性が悪いでしょう。

同じ注文住宅でも、フルオーダーとセミオーダーでは、内容に違いがあります。

注文住宅を依頼する際には、フルオーダーなのか、それともセミオーダーなのかを必ず確認してください。

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅といえば、よく建売と比較されることが多く、どっちが優れているのかで議論の対象になりやすのですが、果たして両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

建売とは、建物と土地がセットで売られていることで、注文住宅と比べて手間なく簡単に家を買えるという特徴があります。

要するに、既に土地の上に建設されている住宅を土地と一緒に購入するということですね。

自由にデザインできる注文住宅と違い、建売の場合は既に建築された完成品、もしくはこれから完成する予定の住宅を購入することになるので、自分の希望が反映されることはありません。

既に仕様などは決まっているので、あとはその住宅を気に入るか否かとなります。

気に入ればそのまま購入することになりますし、気に入らなければ別の住宅を選ぶことになるでしょう。

0から建てられる注文住宅の場合、自分好みの家を建てられるので、不満が出ることはないでしょう。

その反面、建売の場合は既に完成された住宅なので、好みが分かれます。

ただ、住宅に対して拘りが薄く、特に希望がない方には相性が良いです。

注文住宅と違って建売ならば、すぐに購入し、すぐに入居できるでしょう。

建売住宅のメリット

建売には注文住宅にはないメリットがあります。その利点というと、手間がかからない、安い、立地が良いなど。

まず建売の場合、建物と土地がセットで販売されるので、いちいち土地を探す手間がかかりません。

さらに、建物の仕様も決まっているので、こちらでいちいちこれが欲しいなどの希望を伝える必要もなく、比較的短い期間ですぐ入居できます。

さらに、建売は注文住宅よりも価格が安いです。

建売の住宅はどこも同じような資材や設備を使用するということもあってか、ハウスメーカーは大量に同じ資材や設備を購入することで建築コストを下げることができます。

それが結果的に建売の価格を下げることに繋がるのですね。

なにより、同じような家を建てることで、設計にかかるコストも下がります。

これが注文住宅の場合、0からすべてを考えないといけないため、設計だけでもコストがかかるでしょう。

要するに、オーダーメイドよりも既製品の方が価格が安いということですね。

建売には他にも、立地の良い場所に家が建ちやすいという利点があります。

これはハウスメーカー側が立地の良い場所で住宅を販売しているからであり、すべての建売が立地に優れているというわけではありません。

ただ、ハウスメーカー側としては、確実に住宅が売れるように、常に良い土地を探しています。

そのような経営努力の甲斐もあってか、建売の住宅は立地が良いことが多いです。

なにより分譲住宅の場合、個人では購入できないような広い土地を分けて販売することになるので、立地の良い土地を安く買えるなどのメリットがあります。

まとめると、建売は注文住宅と違って、安く簡単に土地と建物が手に入るという利点があるということですね。

関連記事⇒建売住宅のメリットとデメリット~プロが教える注文住宅との違いと注意点

建売住宅のデメリットは自由度の低さ


安く住宅や土地が手に入る建売ですが、その反面、デメリットもあります。

建売のデメリットというと、自由にデザインができないので希望が反映されない、万人受けしやすい無個性な建物になる、間取りの変更や設備の追加が難しいなど。

まず、建売のデメリットは自由なデザインができないことです。

この短所があるため、注文住宅と建売はよく比較の対象になるのですね。

建売の場合、既に仕様が決まっているので、依頼主のこのような家を建てたいという拘りや希望を反映させることができないです。

さらに、建売の住宅は誰からも受けが良いような、万人受けしたデザインになりやすく、言い換えると没個性的なオリジナリティのない家になりやすいのですね。

建売の住宅はどこかで見たことがあるような家ばかりなため、人によっては味気なく感じるでしょう。

この建売の住宅をリフォームできるというのであれば、個性を発揮できるでしょう。

ただ、建売の住宅というのは間取りの変更が難しく、リフォームやリノベーションがし辛いというデメリットを抱えています。

というのも、家というのはすべてが増改築に向いているわけではないからです。

ツーバイフォー工法と呼ばれる工法で家を建てると、増改築が難しい家になってしまうのですね。

ツーバイフォー工法は、耐震性に優れているという利点があるので、必ずしもダメな工法というわけではありません。

ただ、建売の住宅がツーバイフォー工法で建てられた場合、新たに子供部屋を作ろうと思ってもできないか、高額の費用がかかる恐れがあります。

ツーバイフォー住宅については下記の記事で詳しく解説をしています。

関連記事⇒ツーバイフォー工法の住宅の特徴は?2×4工法のメリットとデメリットを不動産のプロが解説

そしてこれが厄介なデメリットなのですが、建売は価格が安いということもあってか、安物の資材で建てられることが多く、品質が良くないことがあるのですね。

もちろん、建物と違って土地は経年劣化しないので、土地の価格が極端に落ちることはないでしょう。

ただ建物に関しては、信頼できない業者が建てた家となると寿命が短くなる恐れがあります。

このように品質の問題があるため、建売の住宅を購入する際にはアフターフォローはしっかりしているのか、信頼できる業者なのかを必ず確認してください。

建売だからといって、必ずしも品質が悪いというわけではありません。

ただ注文住宅と違って建売の場合はチェックがし辛く、品質を確かめることが困難なため、本当に信頼できる建設業者なのかを調べておく必要があるということですね。

信頼できる建設業者が建てた住宅ならば、建売であっても品質に問題はありません。

きちんとメンテナンスをすることで、長く住むことができるでしょう。

注文住宅の品質について


住宅の品質に拘るなら、建売よりも注文住宅の方がオススメです。

注文住宅ならば設備や資材まで拘ることができるので、どこまでも高品質な住宅を建てられます。

なにより、依頼主は常に品質に問題はないのかチェックすることができるので、注文住宅だと欠陥がない高品質な住宅が建ちやすいです。

ただ、どこの建設業者に依頼するかでこの品質が変わってくるので注意しましょう。

というのも、注文住宅の質というのは建設業者の熟練度によって左右されやすいからです。

特に、在来工法と呼ばれる工法で住宅を建てる場合、良い家になるかどうかは職人の腕次第となります。

注文住宅を建てるなら、注文住宅の建設に慣れている建設業者を選ぶと良いでしょう。

そうでないと、せっかく注文住宅を選んだのに、品質が普通の住宅になってしまいかねません。

しかし、注文住宅を得意としているハウスメーカーや工務店に依頼をすると、自分の拘りが体現された理想の家を建ててもらえるでしょう。

注文住宅のメリットまとめ

注文住宅の強みは、自由に家を建てられることです。

このような家を建てたいという要望がある方にほど、注文住宅はオススメですね。

希望を伝えることで、理想のマイホームを建てられるでしょう。

ただし、注文住宅はデザインを自由に決められる反面、時間と手間がかかるというデメリットがあります。

良い家を建てるためには、根気と忍耐が必要ということですね。

そのため、今すぐ家が欲しいという方には、注文住宅よりも建売の方がオススメになります。

建売ならば、すぐに入居できるので、忙しい方でも時間に囚われずに家と土地が手に入ります。

ただ、建売だと自由なデザインができず、間取りの変更などが難しいです。

確かに根気が必要ですが、注文住宅はいざ完成すれば理想の生活が手に入るという利点があります。

努力した分だけ質の良い家に住めるので、時間と労力をかけるだけの価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です