ウンノハウスの注文住宅7つの特徴って?間取りや外観、口コミ・評判を徹底解説!

<記事の情報は、2022年5月1日時点のものです>

ウンノハウスは、山形県に本社を置き、山形県・宮城県・福島県を中心に住宅・マンションなどの不動産事業を手掛ける会社です。

設立は昭和34年(1959年)と、実に60年に渡り地域の不動産事業の一角を担ってきました。

「お客様に喜ばれ、信頼され、 家づくりを通じ地域社会に奉仕」することを経営理念とし、地域No1のお客様満足度を目指しています。

今回はそんなウンノハウスの家づくりの特徴や展示場情報などについてみていきます。

また本文に入る前に、家づくりにおいて最も重要なことを伝えさせてください。

マイホームを建てたい!と考えたら、何よりも先に始めなければならないことがあります。

それは、「自分の住んでいる場所に対応しているハウスメーカー・工務店の比較検討をみっちり行うこと」です。

ここだけの話、家づくりで後悔している人のほとんどは、この「住宅メーカーの比較」を怠っていたというケースが非常に多いのです。

例えば、住宅展示場で一目惚れした家に決めてしまったり、営業の人の話に流されてしまったり・・・。大金のかかる買い物であるという特性上、取り返しがつかなくなってしまうことも。場合によっては何千万円もの損をしてしまうこともあるのです。

マイホームは人生で一度あるかないかの大きな買い物なので、誰しも絶対に失敗したくはないはず!

その為には、事前に多くの住宅メーカーのカタログを集め比較することが何よりもまず最初にやるべきことなのです。

「でも数多くある住宅メーカーからカタログを取り寄せるなんて、時間もかかるし面倒くさい」

ほとんどの人がそう思うでしょう。

そこでぜひ活用してほしいのが、東証一部上場のリクルートが運営するLIFULLのカタログ一括請求サービス

LIFULLのすごいポイントは、あなたが予定しているマイホームの建設予定地を入力するだけで、そのエリア対応の住宅メーカーをピックアップしてくれるところ。

最短1分ほどで請求できちゃうので、まずはカタログ一括請求サービスを利用して納得がいくまで住宅メーカーの比較検討をしてみてください。

↓ 【おすすめ】1分簡単カタログ一括請求 ↓

またより多くの住宅メーカーのカタログを取り寄せたい!というあなたには同じく東証一部上場のLIFULL HOME`Sが運営するLIFULLのカタログ一括請求もおすすめです!

正直SUUMOとHOME`Sの2つでカタログを請求すれば、ハズレることはないでしょう。

SUUMOでは工務店のカタログを中心に、HOME'Sではハウスメーカーのカタログを中心に集めることができますよ。

はじめは名前も知らなかった住宅メーカーが、あなたの希望を実現してくれる家づくりのパートナーになるというのもよく聞く話です。

知名度や会社の規模のみで選別せず、まずはヒットしたメーカー全てを取り寄せてみることがポイント

簡単1,2分程で出来る上、利用は無料なので、面倒くさがらずにまずはカタログを集めてしまうことをおすすめしますよ!

人生で一度のマイホーム、失敗や損をしないために面倒くさがらずに必ずLIFULLとSUUMOのカタログ請求から始めてみましょう!

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

それでは解説を進めていきます。参考にして下さい!

ウンノハウスの間取りや外観6つの特徴

強い家

ウンノハウスの家づくりには大きく3つのこだわりがあります。

まず一つ目は「強さ」。

震度7の地震でも大津波でも倒れない強靭な家づくりを目指します。

その強さを支える構造の秘密は5つ。

まず一つ目は均整の取れた柱組と壁の面で支える“軸組×面構造”です。

2つ目は“構造用集成材”。

木材を完全乾燥させ、強度別に仕分けをして基準を満たした木材だけを選別して住宅に使用します。

完全に乾燥させた木材はなんと木材の1.5倍の強さを持っています。3つめは“4寸角柱”です。

一般的な住宅に使用される柱の1辺の長さは3.5寸(約10.5㎝)ですが、ウンノハウスが使用する柱の1辺は4寸(約12㎝)です。

柱の1辺の長さが長いほうが、柱の断面積は広くなり、耐震・耐久性が向上します。

4つ目は柱同士を削らずに金属で接合し強度のばらつきが出ないようにする“メタルジョイント”。

そして5つ目は“ベタ基礎”です。

ベタ基礎工法では、家の土台である基礎部分を地面に広く設置させるため、土地と建物を強く接合させることができます。

以上5つの構造・工法を採用し、ウンノハウスは国土交通省が定める耐震基準の「耐震等級3」を全棟で実現しています。

耐震等級3とは阪神・淡路大震災の1.5倍の強さの地震の耐えられ、消防署や警察署のような防災拠点となりい建物に要求される基準です。

全棟で耐震等級3を実現しているならば、地震大国と呼ばれる日本で長く安心して住むことができますね。

心地よい家

ウンノハウスの家づくりのこだわり2つ目は、「心地よさ」です。

南東北の山形県は冬の厳しい寒さと豪雪は言うまでもありませんが、実は夏の暑さも厳しく、1年を通して寒暖差の大きな地域です。

ウンノハウスでは、山形県での長い歴史から、5つのポイントを重視して地域の気候に最適な家づくりを行っています。

5つのポイントの1つ目は“窓”です。

ウンノハウスの窓は3枚のガラスを用いた「トリプルガラス」と断熱効果のあるバスを充填する「ガス層」で熱と音を遮断します。

窓に高い断熱性を持たせることで、室内の熱が逃げにくく、空調効率が上がり省エネ効果も期待できます。

2つ目のポイントは“屋根”です。ウンノハウスの小屋根には天然繊維セルローズが一面に吹き付けられています。

小屋根にセルローズの繊維が絡み合い空気の層を抱き込むことで、断熱の効果を発揮しています。

3つ目は床下の冷気を遮断する“床”。

ウンノハウスの床構造は、28㎜の分厚い構造用合板と断熱材を組み合わせでできています。

頑強な断熱構造で、長期に渡り足元から冷えることのない快適住宅を実現します。4つ目は“壁”。

断熱効果を持つ「超断熱」と熱を遮断する「内側遮熱」を採用しています。

断熱と遮熱を同時に行いことで、単に外気と室内の断熱を行うだけでなくエネルギーを使って温めたり冷やしたりした空気が極力外に逃がさず戻すことで、室内温の調整効率をさらに向上させます。

最後は“換気”です。

ウンノハウスでは、居室から廊下、さらにトイレや洗面所などを通って空気がめぐる換気経路を構築しています。

空気が湿気が少ないエリアから湿気が多いエリアへと流れるため、家じゅうの湿度を快適に保つことができます。

さらに、1時間で約半分の空気を入れ替える性能を備えているため、常にフレッシュな空気の中生活を送ることができます。

“らしい”家


ウンノハウスの家づくりの3つ目のこだわりは、“らしさ”です。

家づくりは誰にとっても一生の一大イベント。

家族の今までのこと、今のこと、これからのことを考えて、家を建てる人にとって最も満足のいく家作りをサポートします。

“らしさ”を実現する取り組みは5つ。

まず一つ目は“自由設計”です。

早い段階から担当設計しが打ち合わせに同行し、時間をかけてコミュニケーションを行って理想の家を形にしていきます。2つ目は“自由な素材”。

スポンサードリンク

壁や床など家本体の素材はもちろん、照明やキッチンなどの設備に至るまで複数のグレードと選択肢を用意しているため、完全オリジナルの“らしい”家を自身の選択で作り上げることができます。

3つ目は家づくりの窓口である営業担当から、設計担当、インテリアコーディネータ、現場の施工担当まで、家づくりに関わる全行程の担当者で組む“プロジェクトチーム”です。

家を建てる人かた現場までを連携プレーをつなげ、家づくりを成功に導いてくれます。4つ目は、自社工場で木材の管理を行い実現する高い“品質へのこだわり”。

ウンノハウスでは自社工場で木材の管理を行っているため、納得のいく品質の木材を使用でき、さらに木材のカットにも柔軟に対応できます。

自社での細かい木材カッティングができることが、ウンノハウスが完全オリジナルのデザインを実現しています。

最後となる5つ目は“安心なメンテナンス”体制です。後程詳しくご紹介しますが、手厚い保証・サポート体制で家を建てた後も長く安心して付き合える関係の構築を目指しています。

ウンノハウスの注文住宅の坪単価や平均相場はいくら?

ウンノハウスの公式ホームページには坪単価や価格に関する情報は見当たりませんでした。

完全オリジナルの家づくりをコンセプトにしているウンノハウスでは、統一の料金の目安などは公表していないとようですね。

しかし調べたところ、ウンノハウスの坪単価は50万~という情報を見つけました。

ただし、あくまで最低坪単価の目安です。

ご紹介したようにウンノハウスは基本的に一棟一棟完全オリジナルの家づくりを行います。

設計デザインや木材の加工度合い、設備によって価格は大きく変わってくるため、あくまで目安にとどめましょう。

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

ウンノハウスの注文住宅は値引きに応じてもらえる?キャンペーンや割引情報


ウンノハウスの公式ホームページには、住宅価格の直接値引きに関する情報は掲載されていません。

しかし「見学会・フェア」のページでは、各種イベントの案内が随時更新されています。

住宅の完成見学会や住宅相談などはもちろん、少し変わったところですは、自社工場の見学バスツアーなども開催されているようです。

住宅会社で工場見学ツアーとは、自社工場で品質にこだわった木材加工を行っているウンノハウスならではの企画ですね。

ウンノハウスのカタログを取り寄せる!資料請求する方法を解説

ウンノハウスの資料は公式ホームページより無料で請求することができます。

ウンノハウスの資料請求・お問い合わせはチャット形式のフォームから行います。

公式ホームページの右側の「資料請求はこちら」をクリックすると、チャット形式のフォームが立ち上がります。

メッセージに従って選択・入力を行うだけで簡単にお問い合わせが完了します。

もちろん、電話や通常のWEBフォームからでも請求・お問い合わせが可能です。

会社情報から施工技術に関するパンフレット、テーマを絞った施工事例、プラン集など、たくさんの冊子の中から自身が必要なものを選択して請求することができます。

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

ウンノハウスの注文住宅、完成までの期間はどれくらい?


ウンノハウスの公式ホームページには工期に関する情報は掲載されていませんでした。

そのため、平均的な3~5カ月ほどの行為ではないかと推測されます。

ただし、すでにご紹介したようにウンノハウスの住宅は基本的にオリジナルデザインで素材や設備のカスタマイズも行うことができるため、家を建てる人のこだわりや使用する素材によって工期が変わってくる可能性が高いと考えられます。

ウンノハウスの注文住宅の間取りとオプション~実例はどこで見る?

ウンノハウスの施工事例は、公式ホームページの「家族の実例集」と「住まいの実例集」から見ることができます。

「犬と猫が暮らす家」「男の趣味の家」「サイクリストの家」「滑すべり台のある家」「ゆったり子育ての家」など、様々なコンセプトとともに、家と家を建てた家族の様子が掲載されています。

オリジナルデザインで建てられる家の写真からは、世界で一つしかない家族の理想をかなえるウンノハウスの家づくりを感じることができます。

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

ウンノハウスの良い口コミと悪い評判


さてここまでウンノハウスの家づくりの特徴などを見てきましたが、やはり人生の一大イベントを任せる決断をするには先輩の実体験を聞きたいものです。

続いてはウンノハウスについての口コミを探ってみます。

良い口コミ

・とても親身に話を聞いてくれ、当初思い描いていたプラントは全く違うアイディアを出してくれた

・何社か住宅会社を見て回ったが、ウンノハウスさんが一番細かいところまで打ち合わせしてくれた。家づくりが始まってからもマメに確認を行ってくれるので安心できた

・現在建築中でほぼ毎日現場を見に行っているが、現場の人もとても気さくで親切

・申し訳ないくらいまどりの見直しをしたが、全く嫌な顔をせずに対応してくれた。おかげで満足のいく家ができた

・営業担当者ももちろん頼りになるが、早い段階から設計士の方と直接話ができるのが良い

・見学に行き、構造の強さを感じたので家が完成してからも安心して住むことができそう

悪い口コミ

・建築費用が少し高いように感じる

ウンノハウスは規格住宅ではなくオリジナルでそれぞれの家族にとっての理想を実現するというコンセプトで家づくりを行っているため、費用は住宅によって大きく開きがあると思われます。

そのため、悪い口コミとして費用についての内容が寄せられてはいるものの、ウンノハウスの住宅が高いか安いかは家づくりの内容と個人の感覚に大きく関わっているといえます。

ウンノハウスの住宅展示場やショールーム情報

ウンノハウスの住宅を実際に見学したい場合は、公式ホームページをチェックしましょう。

山形県を中心に、期間限定の住宅展示会や、分譲住宅販売見学会、不動産相談会の開催についての情報が随時更新されています。

各イベントの詳細ページから簡単に参加予約ができるため、週末に興味のあるイベント情報を見つけたら申し込んでみてください。

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

ウンノハウスの建売り住宅の情報


ウンノハウスの建売住宅は、公式ホームページからウンノハウスの不動産情報サイト「MIKKE」にアクセスすると確認できます。

住宅から通える学区情報も掲載されているため、お子さんの通学のことも考えて家を購入したいという方にはとても便利です。

ウンノハウスで注文住宅を建てた人のブログ

ここまでの情報でウンノハウスの家づくりの概要についてはつかめたかと思いますが、もう一歩踏み込んで細かい情報も入手したいところですよね。

そこで頼りになるのが、実際にウンノハウスで家を建てた人のブログです。

ブリハムチーズのブログ


家づくりがメインではありませんが、住宅全般について書かれているブログです。

インテリアや庭についての記事もあるため、住宅のトータルコーディネートの参考になる情報を探している方におすすめのブログです。

URL:https://ameblo.jp/burihamcheese3415/

そのほか、ウンノハウスの公式ホームページからスタッフの方が作成しているブログも閲覧することができます。

まさに今進行中の家づくりの様子や引き渡しの報告、家づくりのポイントなど、これから家をってる人に有益な情報が詰まった内容です。

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

ウンノハウスのアフターサービス~保証内容や購入後のサポートについて

ウンノハウスでは、家を建てた後のアフターサービスにも力を入れています。

家そのものは30年の基本保証を軸に定期点検を行い、必要なメンテナンスを実施することで最長なんと60年の保証を受けられます。

そのほか各種設備も5年保証、第三者機関の調査をもとにした地盤保証が20年、しろあり保証が10年となっています。

家作りは完成までももちろん大切ですが、住み始めてからはもっと大切です。

何十年も先までその家に住み、家族が増えたり生活の変化を迎えたり、マイホームは人生の舞台です。

大切な家族と人生を歩んでいく場所だからこそ、家を建てた後も手厚い保証を期待できるのは心強いですね。

まとめ

家を建てる際に重視するポイントは人それぞれですが、家族にとって譲れないこだわりやオリジナリティを求める方は、ウンノハウスの公式ホームページを一度訪れてみるのはいかがでしょうか。

長年地元に密着して住宅事業を手掛けてきたウンノハウスだからこそ実現できる、家族の理想を形にする家づくりを感じることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。