ジブンハウスの注文住宅をプロが徹底解説!坪単価や評判と5つの特徴

ジブンハウスのサービスの内容を聞くと、皆さん驚くと思います。

なんと、ジブンハウスはスマホで家が買えるサービスです。

ホームページには、家のプランやシリーズがいくつものっていて、気に入ったプランをカートに入れます。

その後に、外壁の色がキッチンなど間取りを、思い通りにカスタマイズ。

VRで完成のイメージを確認できるシステム。

VR内覧は、高繊細なVRなので、実際に内覧に行って中を見たような完成イメージを確認することができます。

最新の技術で、最短で簡単に家が購入できる、ジブンハウス。

ここでは、ジブンハウスの坪単価、特徴、商品ラインナップ、実際にジブンハウスを使った方の口コミや評価を紹介していきます。
また、結論から先にお伝えしてしまいます。

家を建てることを考えているのであれば、まずは必ず複数社の資料を集めることから始めてください。

住宅展示場に足を運ぶ、土地を探す、住宅ローンの心配をするよりも最初に、少しでも気になる会社の資料を取り寄せます。

最初に複数社の資料を一通り見る事で、実際に建てる家のイメージがしやすくなります。

また、何も知識が無い状態よりも複数社の特徴や価格帯を知っておくことで諸条件や価格交渉も有利に運べることは間違いありません。

私を含めほとんどの人にとって、家は一生に一度の大きな買い物です。

ハウスメーカー選びは、慎重すぎるくらいで丁度良いのです。

実際に、ハウスメーカー選びを慎重に行っていなかった結果、後から後悔をする方は少なくはありません。

業界最大手不動産サイトの1つ、LIFULL HOME’Sでは建てたい家のタイプ、予算感、住んでいる地域からカタログを一括で請求することができます。

複数社で毎回取り寄せる必要もありませんし、PCやスマホから簡単に取り寄せることが可能です。

一生に一度の家づくりの第一歩として、少しでも気になる会社の資料は必ず取り寄せ目を通しておきましょう。

LIFULL HOME’S資料請求はこちら⇒


それでは解説をしていきます!参考にしてください。

ジブンハウスの注文住宅の坪単価


実際に売り出されている、ジブンハウスの一戸建ての坪単価を調べてみました。

坪単価30万円、31万円とローコストの家が多いですね。

ローコストでデザイン性が高いことが、ジブンハウスの魅力でもあります。

坪単価は、建てる物件によっても、時期によっても変わってきますので、参考程度に見てください。

ジブンハウスの注文住宅5つの特徴

ジブンハウスは、色々な雑誌にも取り上げられていて話題の新しい家作りです。

スポンサードリンク

では、具体的にはどのような特徴があるのでしょう?

ジブンハウスの特徴についてみていきます。

VRを使っての内覧技術

ジブンハウスでは、VRを使って自分がデザインした家を、リアルにパソコンやスマホ上で見ることができます。

その内覧技術は、家具、インテリア、素材の感じまでリアルにわかり、まるで現地で内覧しているかのようです。

このVR内覧が、顧客の心を捉えこのまま購入してしまうお客様もいるほど。

ジブンハウスでは、住宅メーカーのホームページでは見たことがない、カートのボタンがあります。

「カートに入れる」を押せば、マイホームをカートに追加できるのでびっくりですよね。

カートに入れると、家のカスタマイズ、VRの内覧だけではなく、見積もりや購入の相談までが、スマホ一台で完結します。

今までの家の購入では、遠い場所の展示場まで行って、モデルハウスを内覧する、この行為を何件もおこなった方もいるでしょう。

ジブンハウスでは、これまでの家の購入までの過程を大幅に短縮。

これは次世代の、新しい家の建て方ではないでしょうか。

あんしんの土地選び


最初から土地を買った状態ならいいですが、多くの方は家を建てる場合、土地選びからはじめます。

土地選びも素人の場合、何からやったらいいのかわからないので大変ですよね。

ジブンハウスでは、この土地選びの段階から、スタッフがサポートしてくれます。

家の見積もりミューレーションで、家の形や予算が見えたら、土地選びもやりやすいですよね。

土地探しにはポイントがあります。

立地や環境、地形、地盤の固さ、液状化のリスクなど、素人にはわからないことが多いです。

ジブンハウスでは土地選びのサポート、そして地盤の調査も行って、土地の液状化のリスクや固さなどをしっかり判定します。

調査の結果、問題のある土地だった場合は、改良工事が必要になります。

一番基礎のところなので、しっかりとした地盤を作る必要があるのです。

安定した地盤の場合は差額なしで大丈夫ですが、軟弱地盤の場合は、別途改良工事費用が必要です。

注文住宅における土地探しについては下記の記事で詳しく解説をしています。

関連記事⇒理想の注文住宅を建てるために!土地探し方のポイントやその後の工程と流れ

変わらない長期耐震性の家

家を建てるときに気になるのが家の耐震性です。

家は何十年と住むものなので、長期間変わらない耐震性が大切。

ジブンハウスでは独自のJSF工法を採用。

これは従来の2×4工法のいいとこ取りの工法、安心構造で耐震性を長期間保ちます。

そして、ライフスタイルの変化で将来的に間取りを変えることもありますよね。

そんなときに柔軟に対応しやすい、スケルトン・インフィルを採用。

間取りを変更しやすいスタイルです。

安心の耐久性

耐震性が強い建物は、耐久性も優れています。

素材ひとつひとつの品質が高く、接合部もしっかりしているので、ねじれにくく、長期間劣化しにくい耐久性の高い建物です。

耐震性や耐久性は家を建てる時の最重要ファクターの一つであることは間違いありません。

ジブンハウスの資料でも耐震性については詳しく書かれているので必ず確認をしておきましょう。

フラット35Sに起用


ジブンハウスでは、全棟がフラット35Sに適合しています。

有利な金利の住宅ローンを使うことができるので、経済的にも安心して家を購入することができますね。

ジブンハウスの注文住宅の商品ラインナップ

ジブンハウスの家選びは、まずシリーズ選び→坪数選び→テイスト選びの3つのステップを踏んで完了します。

ここでは、シリーズとテイストについてはどのようなものがあるのか紹介します。

シリーズ

シリーズとは家の外観やフォルムを選びます。

Aシリーズ

キュービックタイプのシンプルなフォルム。コンセプトは「シンプルで質の良い真っ白なハコ」。

飽きが来なくて長年すむことができ、安全性の高い人気のシリーズです。

建物自体を長く維持する、耐久性、耐震性に優れたシリーズ。

何十年建っても外観の劣化がしにくい害と創を採用しています。

ローコストなのも魅力的ですね。

Zシリーズ

Zシリーズの特徴は、太陽光発電を標準で搭載した、高断熱住宅。

外観はシャープで、開放感のある居住空間が人気です。

光熱費の節約になる、ローコストで家計にも環境にも優しい家ですね。

Fシリーズ

Fシリーズはジブンハウスの平屋建て住宅。

ワンフロアに居住空間を集約することで、動線が作りやすく、家族の絆も深まります。

外と緩やかにつながる、半野外空間が特徴的。

自然を感じながら暮らすことができますね。

ちょっと贅沢な上質さを感じさせる居住空間です。

Kシリーズ

Kシリーズは、日本の伝統的な切妻屋根を使用、今風にモダンにアレンジしています。

インパクトのある外観で、正面の素材に、マットなサィンディングモデルを使用。

側面は金属製の素材を使用しているので、クールで都会風な仕上がりになりました。

正面から見たときと側面から見たときの印象が違うのが、面白いですね

細部にまでこだわったこだわりが人気のあるシリーズです。

FAシリーズ

自分らしさを追求することができる、個性的なデザインが特徴的。

想像することができる場所になるでしょう。

テイスト

全体的なイメージを選ぶことができます。

ANTICO

クラシカルでおしゃれな人気のデザイン。

外壁はダークな色合いでスタイリッシュに、シンプルで洗練されたイメージ。

控えめな色合いなので、どんな待合にもなじんで、また存在感を出すこともできますね。

インテリアもクラシカルな内装で、くつろぎの空間を作ります。

SCANDIA

人気の北欧デザインをベースにしたSCANDIA。

北欧デザインにジブンハウスのエッセンスを加えているので、個性的で、シンプルなデザイン。

ジブンハウスの中でもっとも人気の高いモデルです。

JAPONE


日本風なデザインですが純和風ではなく、海外から見た日本のよさを表しているデザイン。

統一したデザイン、木目の美しさ、日本人が居心地がいい空間がそこにあります。

URBAN

伝統的な日本の家の外観デザインを、現代風にアレンしたインパクトのある外観が人気。

ベーシックでおしゃれな人気のテイストです

ローコスト住宅については下記の記事で詳しく解説をしています。

関連記事⇒ローコスト住宅の特徴とは?安い家ができる理由とプロが教えるメリット・デメリット

ジブンハウスの評判

最初は雑誌で見て、ジブンハウスの存在を知りました。
スマホで家が買うことができるなんて、なんてサービスなんだろうと思いましたが、忙しい私には、内覧がパソコンでできるのはすごく便利。

実際ホームページで、いくつか選ぶとVRで見ることができます。
すごく細かくできていて、壁の素材とかもリアルにできているので、内覧に行っているような気分になります。

自分で勝手に色々見ることもできるし、何度も確認できるので、すごくいいサービスだと思います。
デザインは、いくつかのパターンから選ぶことができて、まずは基本的な形と坪数を選び、その後にテイスト(なに風)というのを選びます。

最新のサービスをやっている会社だけあって、デザインもおしゃれで素敵なものがそろえられていますね。
もちろん機能的にも、耐震性、耐久性も高く納得の行く説明がもらえました。

一番の決め手は値段です。
低価格で、私でも手の届く値段だったので、購入してよかったです。
40代 男性

最初は興味本位でホームページを確認しました。
本当にカートボタンがあって、簡単に家をカートに入れることができるので笑ってしまいました。

でも色々遊んでいると、本当にすばらしいデザインが多く、それをVRで見られるのですから、買いたくなってしまいますよね。
本格的に考えることにして、土地の購入からジブンハウスにお願いすることにしました。

家のデザインは、SCANDIAが北欧のテイストが入っていて気に入りました。
他の住宅メーカーにはない、おしゃれでかっこいいデザインが多いと思うし、自分で色々選べるのもいいと思います。

子供が大きくなったとき、独立したときも、間取りが変えやすい建物の使用というのも気に入りました。
生活の変化によって、リフォームするかもしれないですよね。

土地もしっかり検査してくれるので安心して建てることができ、良かったです。
値段も、自分が考えていた価格より、かなり安く建てることができました。
30代 男性

土地が高い地域なので、建物にあまりお金をかけられないけど、デザインにはこだわりたいと思っていたので、ジブンハウスが最適でお願いしました。
土地の値段はしょうがないのですが、液状化とか怖いので、しっかり調べてもらえてよかったです。

地震のときの対策も大切ですよね。
ジブンハウスでは、長期間耐震性が続くのがいいと思います。

坪単価が安いですし、金額がすぐわかるシステムなのでとてもわかりやすく、明確。
スマホでだいたいのことはわかりますが、私は、わからないことは必ず相談していました。

VRは面白いですね。初めて体験しました。
あれだけ鮮明に、家の中の様子、インテリアのこと、壁紙や床の素材もリアルで参考になってよかったです。

最終的に、すごく安く済んだと思います。
同じ時期に家を建てた友達に、価格や坪単価の目安を言ったら驚いていました。
30代 男性

ジブンハウスの注文住宅まとめ


ジブンハウスの坪単価、特徴、商品ラインナップ、評価など詳しく紹介しました。

ホームページを見ると一目でわかる、現代的なデザインのジブンハウス。

VR内覧、スマホで家が購入できる画期的なサービス、見積もり、仕様、問い合わせまでスマホ一台でできる最新の住宅販売です。

正直、本当に実際に見ないで納得した内覧ができるのだろうかと心配かもしれないですが、高性能なVRなので、細かいところまで確認することができます。

いつでも確認できるのは、何度も見ることができるし、見落としがないので便利ですよね。

VR内覧は、ホームページ上で試しに見ることができるので、確認してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です