ポウハウス一級建築士事務所の注文住宅をプロが徹底解説!坪単価や評判と4つの特徴

<記事の情報は、2022年5月1日時点のものです>

埼玉県越谷市にあるポウハウス一級建築士事務所は、設立昭和53年と、長い実績がある会社です

埼玉、千葉、東京の土地探しからはじめることができるので、土地がない方でも相談可能。

施工エリアは、埼玉県を中心に東京、千葉など。

ポウハウスの注文住宅は「和心の家」。

和の心を継承した伝統的なデザインに、自由でモダンなデザインと機能を調和させた、おしゃれだけどどこか懐かしさを感じる家づくりを行っています。

木造住宅の専門デザイナーが担当するデザイン性、そして耐震性や断熱性も兼ね備えた、高いクオリティの住まいをプランニングします。

長期点検サポートもあるので、安心してお願いすることができますね。

ここでは、ポウハウス一級建築士事務所の坪単価、特徴、商品ラインナップ、評価など、詳しく紹介します。

また本文に入る前に、家づくりにおいて最も重要なことを伝えさせてください。

マイホームを建てたい!と考えたら、何よりも先に始めなければならないことがあります。

それは、「自分の住んでいる場所に対応しているハウスメーカー・工務店の比較検討をみっちり行うこと」です。

ここだけの話、家づくりで後悔している人のほとんどは、この「住宅メーカーの比較」を怠っていたというケースが非常に多いのです。

例えば、住宅展示場で一目惚れした家に決めてしまったり、営業の人の話に流されてしまったり・・・。大金のかかる買い物であるという特性上、取り返しがつかなくなってしまうことも。場合によっては何千万円もの損をしてしまうこともあるのです。

マイホームは人生で一度あるかないかの大きな買い物なので、誰しも絶対に失敗したくはないはず!

その為には、事前に多くの住宅メーカーのカタログを集め比較することが何よりもまず最初にやるべきことなのです。

「でも数多くある住宅メーカーからカタログを取り寄せるなんて、時間もかかるし面倒くさい」

ほとんどの人がそう思うでしょう。

そこでぜひ活用してほしいのが、東証一部上場のリクルートが運営するLIFULLのカタログ一括請求サービス

LIFULLのすごいポイントは、あなたが予定しているマイホームの建設予定地を入力するだけで、そのエリア対応の住宅メーカーをピックアップしてくれるところ。

最短1分ほどで請求できちゃうので、まずはカタログ一括請求サービスを利用して納得がいくまで住宅メーカーの比較検討をしてみてください。

↓ 【おすすめ】1分簡単カタログ一括請求 ↓

またより多くの住宅メーカーのカタログを取り寄せたい!というあなたには同じく東証一部上場のLIFULL HOME`Sが運営するLIFULLのカタログ一括請求もおすすめです!

正直SUUMOとHOME`Sの2つでカタログを請求すれば、ハズレることはないでしょう。

SUUMOでは工務店のカタログを中心に、HOME'Sではハウスメーカーのカタログを中心に集めることができますよ。

はじめは名前も知らなかった住宅メーカーが、あなたの希望を実現してくれる家づくりのパートナーになるというのもよく聞く話です。

知名度や会社の規模のみで選別せず、まずはヒットしたメーカー全てを取り寄せてみることがポイント

簡単1,2分程で出来る上、利用は無料なので、面倒くさがらずにまずはカタログを集めてしまうことをおすすめしますよ!

人生で一度のマイホーム、失敗や損をしないために面倒くさがらずに必ずLIFULLとSUUMOのカタログ請求から始めてみましょう!

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

それでは解説を進めていきます。参考にして下さい!

ポウハウス一級建築士事務所の注文住宅の気になる坪単価は?

ポウハウスでは、お客様の予算に合わせた住まい作りを行っているので、まずは自分の予算を相談することが大切です。

住宅ローンの知識を持った担当者がいるので、ローンの相談も可能。

坪単価は、ホームページにはかかれていませんでしたが、実際に施工された方の話をまとめると60万円~80万円。

仕様や、土地の大きさによっても変わるので、目安にしてくださいね。

ポウハウス一級建築士事務所の注文住宅4つの特徴

ポウハウスの建てる住まいは、どんな魅力や特徴があるのでしょう。

ポウハウスの特徴を紹介します。

和の心を継承したデザインコンセプト

輸入住宅など、海外の洋風なデザインが流行る中、ポウハウスでは「和の心を継承」する、日本の伝統的な住まいのデザインを提案しています。

日本の昔ながらの住まいは、日本の気候や風土に合わせて作られてきました。

モダンなデザインと、伝統を融合させたのが、ポウハウスの住まい。

日本にあった心地よい暮らしを実現します。

ポウハウスのデザイナーは住まいの設計はもちろん、人間の専門家。

お客様ひとりひとりの意見を聞いて、本当の希望を引き出し、それを具現化する役割があります。

また、デザイン性だけではなく、長く住み続けられるための機能、構造、部材を考えた住まいを作ります。

耐震構造について


最近人気の間取りは、開口部を広く取って吹き抜け、窓をたくさん付けたりと開放的な住まい。

でも、それは支える壁を減らすことになるので、耐震性は大丈夫か疑問に思う方もいますよね。

ポウハウスでは、耐震性を高く保ちつつ自由な設計を可能にしました。

自由な機能と高い耐震構造についてみていきます。

スポンサードリンク

ウッド・イノベーターによる許容応力度計算

構造計算は、建物を設計するとき、地震などの外からの力を計算によって安全確認すること。

この構造計算の結果から、必要な基礎構造について強度を求めるのが許容応力度計算による構造計算です。

ポウハウスでは、平屋建て、2階建て全棟で構造計算を実施して、耐震性能が高い住まい作りを実現しています。

構造用集成材

ポウハウスでは構造用集成材を採用してします。

天然木として昔から使われてきた檜の集成材を使用。

天然木の感触を生かしつつも、天然木の欠点を補ったのが集成材の特徴です。

欧州赤松は、加工性、強度、耐久性に優れた素材で、年月を重ねると共に、味わい深い変化をしていきます。

欧州赤松は、再生可能な木として安定供給されている、地球にも優しい素材です。

ポウハウスオリジナル耐力壁

ポウハウスでは、最大限の力を生む耐力壁を多数開発採用しています。

ポウハウスの耐力壁について紹介します。

・ジャイアントブレース

オリジナルの耐力壁として採用されている基本の構造。

壁倍率7倍相当の認定を受けて、より高い強度を実現しています。

・ワンダーシステム

座屈防止ボルトを筋交いに交差させ、2本加えることで、強度がさらにアップします。

・パルテノンTS

柱と柱の間に構造用面材を貼り付けた耐力壁。

幅が455mmあり、間口の狭い土地でもビルトインガレージの設計を可能にしました。

・クリスタルマジック

画期的な透明の耐力壁「クリスタルマジック」。

室内の間切壁に最適で、解放的な室内を実現します。

・スマートブレース

デザイン性に優れた耐力壁。

様々な組み合わせが可能で、採光を取ることができモダンなデザインを実現。

・ダイヤブレース

従来の耐力壁に比べると美しいフォルムなので、隠す必要もなくそのままのインテリアとして楽しむことができ、耐震性もアップしました。

・トロイ

柱と柱をつなぐ横型の耐力壁

トロイを使用することで、ガレージ入り口、ハイサイドライトなどの大開口が可能になりました。

強い接合部「Bロック」


従来の接合は、木を削ってつなぐ技術を採用し、柱や梁を削る部分が多く接合部分が弱くなるデメリットがありました。

Bロックを接合部に使用することで、削る量が最小限に抑えられ、強い接合部が可能になりました。

強い屋根を作る ラフターロック

建物を強くすることは、強い屋根を作ることも大切。

ポウハウスが採用しているラフターロックは、屋根倍率1.2倍相当と従来の2倍以上の屋根の強さを実現。

施工性にも優れているので、作業性も改善されました。

ダイナミックなクレーンシステム

耐震性が高く、間取りを自由に取ることを可能にしたのが、ポウハウスのクレーンシステム。

上層階の梁が下層階の梁をつるという最新技術。

これによって1階の大空間を可能にしています。

ステップフロアシステム

強い接合部分Bロックを使用することで、階高を自由に変化させた空間の変化が可能になりました。

TS-Boxシステム

吹き抜けの構造的に弱い点を考え、壁の中に強固なTSフレームを取り付けました。

美しくて耐震性の高い吹き抜け空間を作ります。

断熱性・気密性

ポウハウスの住まいは、関東地域の特徴を考えた住まい作りを追求しています。

高気密・高断熱の住まいを実現しました。

Low-Eガラスの採用

窓ガラスは、室内の熱が逃げてしまいますが、ポウハウスでは断熱性の高いLow-Eガラスを採用。

有害な紫外線をカットして、断熱性能を高め、結露も抑えるのでカビやダニ、木造の劣化も予防します。

24時間換気システム

ポウハウスではオリジナル計画換気システム「マイルドエアフローCHR」を採用しています。

快床空間と床下空間に外気を流し、室内温度との温度差を解消して、冬でも足元があったか。

夏は室内に外気が入らず暑くなりすぎません。

ピンポイントの気象データを活用

ポウハウスでは、住まいを建てる市町で測定している気象データを入手。

その家にあった窓、植栽の配置を検討します。

風の向き、日当たりは住まいによってもちろん違いますよね。

通風量の目安まで家訓して設計、窓を開けると気持ちの良い風が入る窓設計を行います。

スマートハウスの実現

スマートハウスはお客様の希望による提案する性能。

太陽光発電、電気の使用量が見えるHEMSを取り入れて、省エネの住まいを作ります。

スマートハウスについては下記の記事で詳しく解説をしています。

関連記事⇒スマートハウスとは?そのメリットとデメリットを不動産のプロが解説

耐久性の高い家を実現。

ポウハウスでは檜の集成材を使用しています。

檜は昔からシロアリに強い木材としても有名。

シロアリの予防をして長年持つ住まいを作ります。

また、木造住宅に大敵な結露防ぐ、通気工法を採用。

室内の空気を流し、床下の湿気も排出するので住まいの耐久性が高くなります。

アフターメンテナンス

耐久性が高く、機能的な住まいでも、長年住んでいくためには、アフターメンテナンスが大切になります。

ポウハウスでは、充実したアフターメンテナンスを実施。

建ててからもお客様との関係を大切にしています。

ロングサポート60

ポウハウスでは、60年間の長期定期点検システム「ロングサポート60」を誕生させ、一生お客様の住まいを点検しています。

ハウスメーカーや工務店のアフターサービスや保証内容については下記の記事で詳しく解説をしています。

関連記事⇒ハウスメーカーのアフターサービスはひどい?プロが教える保証内容やメリットと注意点

施工状況の確認


お客様の立場からは、自分の家の施工状況は常に気なります。

でも、毎日現場に行ってチェックするわけには行きませんよね。

ポウハウスでは、簡単に毎日現場がチェックできるように、インターネットの専用ページにて、施工状況が確認できる「iサポート」を開発。

工事の進行状況や、品質チェックが可能です。

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

ポウハウス一級建築士事務所の注文住宅の商品ラインナップ

ポウハウスではどのような注文住宅を作っているのか、商品ラインナップと特徴を紹介します。

和美庵

日本人の感性に寄り添う、無限大の空間の使い方を実現した「和美庵」」。

透ける・抜ける・兼ねる、の3つの日本人の知恵を生かした住まい。

時には明るく、時にはほの暗く、人とのつながりを大切にした住まいです。

日本の伝統的な木の住まいをモダンにした、和風のデザインが素敵です。

ARZILL

シンプルなデザインは、住む人と共に成長する住まい。

子育ての間だけの子供向けの家ではなく、長く家族が住み続けて楽しむ住まい。

遊び心のある間取りの演出が人気です。

FRONTIAN

大人のこだわりに答えるプレミアムな住まい。

どこの家族にも夢の住まいがあると思いますが、そのこだわりを実現したのがこちら。

住まいとしての独立性を保ちながら、家族とのコミュニケーションも大切にした住まいです。

OCULUS

OCULUSはセミオーダー住宅。

効果的な配置の窓からは、光と風が心地よく入り、安心して過ごすことができる住まい。

自然素材にこだわるナチュラルなデザインもいいですよね。

セミオーダーの家のいいところは、工期が短縮できることと、高品質な住まいをローコストで提供できるところです。

ポウハウス一級建築士事務所の評判

子供が増えたことで、もっと子供たちをのびのびとさせたいと思い、一軒家を建てることを決心。
色々なハウスメーカーに問い合わせして、モデルハウスも見て歩きましたが、その中でもネットで見つけたポウハウスが気になりました。

カフェのような、木を使ったデザインの家がいいなという気持ちがあり、色々と相談してできたプランがとても気に入り、お願いしました。
特に妻はキッチンやリビングのこだわりが強く、何度も話を聞いてくれてとても良い対応でした。

子供たちのための住まい作りといっても、子供はすぐに成長してしまいます。
小さい子供の住まいではなく、遊び心を持ちながらも、大人のインテリアの住まいを提案していただきました。

開放的な空間がありますが、耐震性に強い作りなので安心ですね。
私の趣味の部屋も作ってもらって、大満足です。

これからもメンテナンス等で、ずっと関わって生きたい会社です。
40代 男性

今まで住んでいた都心のマンションを引き払い、もう少しのんびり過ごせる一軒家に住もうと話し合って決めました。
通勤に便利な埼玉県内で、土地探しからお願いしたのがポウハウスさん。

展示場で見た時に素敵な家だったので、こんな家を作りたいなと思い決めました。
和風だけど、モダンなデザインはとてもいいですね。

他の会社は、和風だと純和風というところが多かったので、和腐だけど、スタイリッシュな絶妙なデザインが好きです。
窓、格子、壁紙など全て考えられたデザインで、木の家はやはり落ち着きますね。

檜の家なので、これから時間がたつにつれて、どんな風合いになっていくのか楽しみでもあります。
空間の使い方がうまいので、開放感が李ながらも、スペースに無駄がないところが気に入っています。
50代 男性

家に居る時間が一番、そんな住まいを作りたかったので、とにかくお願いしたのが「くつろげる家」ということ。
音楽を聴いて、映画を見るのが趣味なので、防音室を設けてもらって、好きな音量で楽しむことができています。

個人のプライベート空間を大事にしながらも、自然とみんなが集まるリビングは広くて開放的で落ち着きます。
また、断熱性が高いからなのか、冬は暖かいですし、夏は涼しい温度が保たれています。

特に冬の足元が暖かいので、どこの部屋に行ってもあまり温度差を感じることなく過ごせます。
最近は、家に帰るのが楽しみだし、休みの日も家にいるのがすきですね。

それほどくつろげる理想的な住まいができたと思っています。
30代 男性

【編集部おすすめ】LIFULL HOME’Sでカタログをまとめて取り寄せる

SUUMOでもカタログをまとめて取り寄せる

 

 

ポウハウス一級建築士事務所の注文住宅まとめ


ポウハウス一級建築士事務の価格、特徴、商品ラインナップを紹介しました。

日本の伝統的な和の住まいに、モダンでスタイリッシュなデザインを融合させた和風の家が特徴的。

やはり木の住まいは、日本人を落ち着かせますね。

古さを感じさせないデザインは、若い人たちにも人気の商品です。

品質も高く、耐震性、高断熱、高気密とハイクオリティで、快適に住むことができる住まいを提供します。

土地の風の状況、日当たりなど、住む地域によって変わる気象状況のデータを取り入れている住まい作りは、大手のハウスメーカーにない細かなサービスだと思います。

ポウハウス一級建築士事務の住まいが機になった方は、公式ホームページより資料請求してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。