サンクリエイトホームの注文住宅の坪単価や口コミ・評判

大きなライフイベントは人生の中でいくつか存在しますが、その中でもマイホーム購入は理想や夢が詰まった格別なものです。

せっかくなら、その理想や夢をなるべく多く実現したいと思いますよね。

青森県に拠点を置くサンクリエイトホームは、ホームページのトップに「私たちが作る家は価格を超えた家です」と大きく掲げる会社です。

青森市、弘前市、五所川原市、黒石市、藤崎市、平内町、坂柳町を中心に住宅の施工を請け負っています。

建築業界で30年以上、数にして1,000件以上の家の建築にかかわってきたサンクリエイトホームが提供する「あなたのための安くていい家」とはどんなものなのでしょうか?

そこで今回は、サンクリエイトホームの注文住宅の特徴や坪単価、評判などを徹底深掘りしてまいります。

サンクリエイトホームの注文住宅3つの特徴って?間取りや外観、口コミ・評判を徹底解説!

引き渡し後すぐに生活できるコミコミ価格の「適正価格住宅」

住宅価格の表示方法には、実は決まりがありません。

各社が自由に表示方法を設定できる中でも、建物本体以外にも必ず必要になる工事費用などをすべてコミコミで価格表示した住宅のことを「適正価格住宅」と言います。

「引き渡し後にすぐ生活が始められる状態にした時の価格」と言えばわかりやすいかと思います。

サンクリエイトホームはこの適正価格住宅を提供しており、その上でその他に必要になる費用についても明瞭に説明しています。

・宅地内への給水の取り込み工事(敷地外からの工事で、分譲地の場合不要なので別途工事扱い)

・合併浄化槽設置工事(下水地域では不要なので別途工事扱い)

・特殊基礎工事(地盤調査の結果によって要・不要が決まるため別途工事扱い)

・暖房設備工事(過去データから暖房設備のニーズが多種多様であり、どの暖房設備を希望するかで大幅に金額が変わるため別途工事扱い)

・土地購入代金(土地探しの相談は受け付けている)

・解体工事費用

・銀行・不動産など諸経費

その他にかかる費用の代表的なものが以上7つです。

基本的には「敷地内で家を建てる費用はほとんどコミコミ表示されている、それ以外についてはしっかりと打ち合わせの場で相談を提示してもらえる」という理解で問題ありません。

「耐震バランス設計」を採用、高耐震でシンプルモダンな家

サンクリエイトホームが提供する住宅は、上下階の構造をそろえてバランスの取れた高耐震の家です。

1階の柱と2階の柱、1階の壁と2階の壁が重なっている部分が多いほど家全体のバランスがとれ、整合性の高い丈夫な建物になります。

サンクリエイトホームが採用している「耐震バランス設計」における設計基準では、上下階の柱と壁がそれぞれ重なる率を60%以上になるようにしています。

もちろん上下階の柱と壁がそれぞれあまり重なっていなくても、柱そのものを太くして頑丈にしたり、梁を追加して補強したりして耐震性を補うことは可能です。

しかしそれには大きなコストがかかってしまうため、できるだけ低コストなまま高い耐震性を実現するために「耐震バランス設計」を採用しています。

上下階の柱や壁が重なっているほど、家はシンプルな構造になります。

しかも耐震性を高めるためのコストを削減することができるため、その分「本来もっとコストをかけるべきところ」にコストをかけることができるのです。

これによってサンクリエイトホームは、シンプルモダンを追求したオンリーワンの「いい家」を実現しています。

いいモノを安く提供するための会社運営の工夫5つ


サンクリエイトホームは、品質を維持したまま提供する住宅の値段を下げるために5つの工夫を行っています。

モデルハウスを用意していない

モデルハウスは、非常に大きな経費がかかるものです。

実際にその会社が建てた家を訪れて見学できるというメリットはありますが、建築費や維持費、人件費や家具にかかる費用などなど、諸経費はとてもではありませんが安いと言えるものではありません。

会社は良いものを見てもらおうとするので、一般に立てられる家よりもグレードの高い家がモデルハウスとして用意されることも一般的です。

そんなモデルハウスは会社のお金で建てられています。

つまり、モデルハウスを用意しようと思えば売り上げをたくさん上げる必要があり、その分提供する住宅の値段が上がりがちになってしまいます。

サンクリエイトホームはモデルハウスに経費をかけるよりも、その分を住宅価格を下げることに回し顧客に還元することを選んでいます。

スポンサードリンク

中間マージン廃止のために直接施工を行う


一般的には顧客から工事を請け負った会社が「元請け」となり、実際の工事は元請け業者から下請け業者に発注します。

この時、元請け業者も利益を出さないといけません。

ですので下請け業者に100万円で発注するのであれば、元請け業者は顧客から100万円より大きい金額をもらわなければ成り立ちません。

つまり下請け業者に工事発注することを前提としている会社では、実際に工事にかかる費用以外のものも含まれた値段設定にせざるを得ないのです。

逆に言えば、下請け業者への発注をしなければ実際の工事費用以外がかからず、価格を抑えることができます。

工事の発注から現場や予算の管理などすべてを自社で一括して管理することで、サンクリエイトホームは価格を抑えることを実現しています。

少数精鋭のスタッフで人件費を削減

スタッフの数が多ければ多いほど、会社が支払う給与は増えます。

増える給与をしっかりと払いきるためには、多くの売り上げが必要です。

つまり、スタッフの数が多いほど、売り上げを上げるために価格設定が上がりがちな傾向があります。

サンクリエイトホームにはいわゆる「営業マン」がいません。

建築士や管理技士などの、建築専門職のスタッフが営業も行っています。

社長自らも営業をすることもあるそうです。

これによって営業専門にスタッフを雇用する必要がなくなって、人件費の削減を可能としています。

しかし良い効果はこれだけではありません。

実際に建築に現場で携わる人間だからわかることを踏まえてのプランニングができ、少数精鋭であるからこそ管理業務も抜けなくこなすことができています。

地域に根差した運営で広告宣伝費を削減


サンクリエイトホームは、青森県で地域に根差した工務店として会社を運営しています。

全国に打って出る予定もないため、テレビCMやフルカラーの豪華な広告などは必要ないそうです。

テレビCMやフルカラー広告は、一度出すだけでも大きな費用が掛かります。

しかしそのような広告を出さずに必要最低限の広告のみにしているため、経費を抑えることができています。

そしてその分、住宅の価格を抑えることができているのです。

設計原則を確立させてプランニングに生かす

住宅の建築費用がどの程度削減できるかは、プランニングの時点で80%以上決まってしまいます。

プランニングは、コスト削減の観点からもそれだけ重要なのです。

サンクリエイトホームは原則自由設計の住宅を提供していますが、コスト削減のために押さえたい「設計原則」を設定し顧客と共有してプランニングを行っています。

サンクリエイトホームの注文住宅の坪単価~家を建てるのに必要な平均相場はいくら?

コミコミの価格で1,200万円台(3~4LDK)~1,900万円台(LDK分離型2世帯住宅)と、プランによってかなり幅があります。

坪単価も同様に幅があり、40~60万円です。

幅があるとは言っても、平均値を見ると地域密着型の工務店としては妥当な価格帯だと言えます。

コミコミの標準仕様には、キッチンやシステムバス、シャワートイレなどだけでなく、採寸が悩みの種になるカーテン・カーテンレールも含まれています。

標準仕様に含まれる家具や調度品はすべて提携店にてコーディネートにこだわって選ぶことができるため、このことを考えるとお得な価格帯であるとも言えます。

サンクリエイトホームの注文住宅は値引きに応じてもらえる?キャンペーンや割引情報


現在キャンペーンや割引情報はアナウンスされていません。

明確に「いくら値引きに応じてもらえた」という体験談は見つかりませんでした。

しかしホームページ内で「予算が少ないのですが大丈夫でしょうか」という質問に対して「予算内で『安くていい家』を提供します」と明言しているので、低予算であってもそれに合わせたプランを提案してもらえそうです。

打ち合わせ回数には特に上限がないとのことなので、予算や仕様について納得がいくまで相談に応じてもらえます。

サンクリエイトホームのカタログを取り寄せる!資料請求する方法を解説

ホームページ内「資料請求」のページからカタログを取り寄せることができます。

資料請求│青森|新築・注文住宅|サンクリエイトホーム

ただし施工エリア内の地域の方限定で、一度の請求について3冊までという条件が付いていますので注意しましょう。

請求可能な資料は、

・家づくりガイドブック
・プラン集
・施工事例集

の3種類です。

施工エリアは、青森市、弘前市、五所川原市、黒石市、藤崎市、平内町、坂柳町、他左記近接地域となっています。

サンクリエイトホームの注文住宅、完成までの期間はどれくらい?

通常であれば、基礎の着工から約5か月程度が目安となります。

もちろん建物の大きさや設計内容によっては変化しますので、細かい期間は必ず相談しましょう。

サンクリエイトホームの注文住宅の間取りとオプション~実例はどこで見る?


サンクリエイトホームは随時完成見学会を実施しており、今までに建設された家を見学することができます。

見学会以外でも見学を希望する場合は相談が可能です。

見学希望の連絡は、電話とウェブのお問い合わせフォームから受け付けています。

お問い合わせ│青森|新築・注文住宅|サンクリエイトホーム

サンクリエイトホームの良い口コミと悪い評判

ここまで三クリエイトホームの特徴や坪単価などを見てきましたが、気になるサンクリエイトホームの評判はどのようなものがあるのでしょうか。

良い口コミと悪い評判をいくつかご紹介しましょう。

良い口コミ

・非常に親身になって対応してくれるスタッフばかりだった。

・家づくりのプロセスや費用のことなど、どんなに小さいことでも不安がなくなるまで丁寧に説明してくれた。

・大手ハウスメーカーだと規格住宅しか建てられない予算でも、自由設計でマイホームを持つことができた。

・価格が安い理由が建物の質を落としているのではなく、会社の無駄を省いたからだということで安心して任せることができた。

・建築中であっても、修正依頼や希望に真摯に対応してもらえた。

スタッフの対応についての賞賛と、低価格を実現させた背景への信頼に対して多くの高い評価が寄せられています。

実際に建築現場に出る少数精鋭のスタッフだからこそ、実現できる評価だと言えます。

悪い口コミ

・完成後に必要があって問い合わせをした際、対応が遅いことがあった。

・不具合があった時に、すぐに謝罪をしてくれなかった。

一方でスタッフの対応速度について、一部不満が寄せられているのも事実です。

対応の初速が遅いのは、信頼度の低下につながるため望ましくありません。

しかしサンクリエイトホームは、スタッフの数をできる限り減らすことによって低価格を実現しています。

予定管理や施工管理を万全の態勢で行っていたとしても、思ってもいないトラブルが起きたり、思わぬ件数の問い合わせがかぶったり、どうしても所属スタッフの人数では対応が追い付かない事態も起こりうるでしょう。

手の届きやすい価格を実現するには、必ず実現を成功させる要因が存在しなければなりません。

サンクリエイトホームの場合であれば、その要因の一つに「少数精鋭のスタッフ」があると言えます。

とはいえ、まずい対応が複数回続くようであれば、対応について一言申し入れるべきでしょう。

サンクリエイトホームの住宅展示場やショールーム情報


常設の住宅展示場やショールームは用意されていません。

実際の家を見学したい場合は見学希望の問い合わせを入れるか、完成見学会に参加するようにしましょう。

サンクリエイトホームの建売り住宅の情報

サンクリエイトホームは自由設計の住宅を提供しています。

建売の販売は、原則行っていません。

サンクリエイトホームのアフターサービス~保証内容や購入後のサポートについて

サンクリエイトホームは「住宅品質確保法」「住宅瑕疵担保履行法」にのっとって、10年間の保証を約束しています。

通常の場合は、瑕疵(欠陥、不具合)があった場合は担当の住宅事業者であるサンクリエイトホームが修理や補修を行います。

万が一倒産などでサンクリエイトホーム自身が欠陥(瑕疵)などに対応できなくなった場合でも、顧客である住宅取得者に不利益がいかないように手続きをとっています。

国が指定した第三者機関による保険にサンクリエイトホームが加入することで、万が一工事を依頼した住宅事業者が倒産した場合でも瑕疵(欠陥、不具合)についての保証を住宅取得者が受けられるようになっているのです。

まとめ


特徴でもまとめたように、サンクリエイトホームは会社の経費を削減することでローコストな注文住宅を実現している工務店です。

同じ価格帯の他の住宅事業者と比べたときに、価格に対しての住宅そのものの品質が高いと言うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です